TAG 小説

「整形シンデレラ」と呼ばれた女性死刑囚は、本当に罪を犯したのか?『イノセント・デイズ』

ニュースを見ると、毎日必ずと言っていいほど流れる殺人事件。特番として、過去の殺人事件と犯人を追うドキュメンタリーも目にすることがあります。しかし、番組で描かれる殺人犯の人物像が、実は歪められた全くの別人だったら――? レ…

地獄を旅せよ『神曲 地獄篇』

神曲 地獄篇 著者:ダンテ 出版社:河出書房新社 発売日:2008/11/20 「記憶に残る海外文学」7冊目の本は、ダンテの『神曲』。イタリアの傑作文学だ。 読者の皆様は紀行文学はお読みになったことはあるだろうか。今回ご…

ロシア版フランケンシュタイン?『犬の心臓』

犬の心臓 著者:ミハイル・A・ブルガーコフ 出版社:河出書房新社 発売日:2012/1/24 「記憶に残る海外文学」と題打ち、6冊目となった。 今回ご紹介する本はロシア文学。『巨匠とマルガリータ』で有名なブルガーゴフの作…

傑作といわれたボリビア文学の奇跡『百年の孤独』

百年の孤独 著者:ガブリエル ガルシア=マルケス 出版社:新潮社 発売日:2006/12 孤独こそ不治の病と誰かが言っていた気がする。孤独を慰めようと誰かと時間を過ごすが、またさらなる孤独が襲う不思議は何とも言えない。本…