TAG こんな悩みを解決!

「実はわたし、内心めちゃくちゃ考えて込んでます。そんなギャルからこじらせ女子まで、読んでほしい『女性の生き方』参考書」

原始、女性は実に太陽であった。真正の人であった。 今、女性は月である。他に依って生き、他の光によって輝く、病人のやうな青白い顔の月である この言葉が、婦人解放運動の宣言として、平塚らいてうが発行した文芸雑誌「青踏」に掲載…

「特にないです」は、もったいない!新生活が落ち着く6月に、趣味生活を充実させよう。

日本では昔から、6歳の6月6日のお稽古ごとを始めるのが上達の秘訣だと言われています。6歳はとうに過ぎた大人でも、それにあやかってみたいもの。   新生活が落ち着いて、ほっと一息つけそうな予感もする6月。なにか新…

「雨の日にこっそり身につけたい!日本の「粋な」心」

しとしとと新緑に落ちる雨粒をみていると、日本の四季の美しさを感じる。日本特有の美学は風景にまで染み込んでいてるようだ。日本の美学と言えば、江戸で愛された「粋」という言葉がある。「粋な計らい」や「粋がいい」など、どこか憂い…

〜社会で生きるコツは、就活で生き残るコツ〜就活を学ぼう。ただし、就活本以外で

(勝手に決めた)就活の三本柱を、本に学ぶ さて、本連載の最後に、この一週間を総括したいと思う。 情報が錯綜する就活。 「まだ○○社から連絡きてないよなー」 「あー、そうだね(え、俺もう一週間前に来たんだけど。なんなら明日…

付け焼刃なんて言わせない!オトナ女子の教養お助け本格「科学」ア・ラ・カルト

「もっと勉強しておけばよかったなぁ~。」とお悩みの方のために、今週は科学者の本をご紹介してきました。 勉強しなおすとしても、何から始めたらいいかわからない。 そんな時には、過去の偉人たちの頭を借りてみましょう。 天才科学…

「なんとなく良い」が心地いい。現代詩の世界

人生は長いからいろんなことを考える。悩んでいるのは自分だけじゃない、特別じゃなくたっていいことを教えてくれる、青春の必読詩集を紹介します。 「なんとなく良い」が心地いい。現代詩の世界 「詩」を読んだことはありますか? な…

QOLが高まる!「新しい習慣」を手助けする本特集

新学期や新年度の始まりと共に、今までやれなかったことに挑戦してみようと思う人は多いのではないでしょうか。資格を取ってみたい、語学を勉強してみたいなどよく考えては机上の空論で終わってしまうことってありますよね。それはどうし…