TAG 大人になった心に寄り添う物語

『大人の心に寄り添う物語』5選

大人は、強くもなんともない。 むしろ、子供より弱い。 大人になるときにあらゆるものを失い、空想世界への行き方を忘れ、子供の頃には見えなかった恐怖に怯えながら、迫り来る現実になすすべもなく襲われる。 そんな大人たちの心に寄…

海を漂う孤独な船『生まれ出づる悩み』

この世の中に、自分のやりたいことを全うする素晴らしい人生を送れている人が果たしてどれくらいいるだろう。きっと、一握りもいないのである。それが現実である。 それでは、その現実を受け止め納得して人生を生きる人がどれほどいるだ…

ハリネズミな大人たちへ『ハリネズミの願い』

 大人になれば、いろんなことを知る。 いろんなことを知っているから、様々な可能性を頭の中で考え、こねくり回し、何をするにも臆病になる。 特に、人間関係においては、それが大きな弊害となる。 子供の頃は、一度でも一緒に遊んで…

現実と空想を揺れるぶらんこ『ぶらんこ乗り』

子供にとって、現実と空想の世界に境界はない。自由に行き来する。そう、まるでぶらんこのように。 大人はどうだろう。きっと、空想の世界はちょっと遠くにある。 どうしてかって、空想が現実のものではないと知っているから。一線を引…

大人の心が失ったもの『夏の水の半魚人』

大人になったいま、子供だった日々を思い出すことがあるだろうか。大人の日々と違って、あの頃は毎日が輝いていただろう。 この世界をいちばん謳歌しているのは、きっと子供だ。子供に聞こう。日々を輝かせる方法を。私たちは大人になる…