TAG ジェームズ・ボーエン

ドラッグ依存の地獄を救ってくれた、一生の相棒猫。『ボブという名のストリート・キャット』

「これはセカンドチャンスなんだ」 著者のジェームズ・ボーエンは、ボブとの出会いをこう語っています。  ヘロイン中毒のホームレス。ボブに出会う前のジェームズは、ミュージシャンになる夢が破れ、生きている実感もなく日々を過ごし…