パリの暮らしから学ぶ、豊かに生きるヒント 『フランス人は10着しか服を持たない』

フランス人は10着しか服を持たない

  • 著者:ジェニファー・L・スコット
  • 出版社:大和書房
  • 発売日:2014/10/30

欲しいものはすぐに手に入るけれど…

kobayashi1

街を歩けば、24時間欲しいものを買うことができるスーパーやコンビニがあって、欲しい服やアクセサリーはインターネットで買うことができる。いつでも生活に必要なものを満たすことができる日本は、きっと豊かだ。

しかし、ふとこれは心の豊さだろうかと考えることがある。どれだけ物質的に満たされていても、生活の質や心の潤いは果たして満たされているのだろうか。そんなことを考えていた時に、目に留まった本。『フランス人は10着しか服を持たない』。そこには洗練されたシンプルで豊かに生きるヒントがあった。

本当の意味で生きるということ

kobayashi2

この本は、交換留学生として半年の間パリで過ごしたジェニファーさんが実際に体験した暮らしの秘訣が記されている。毎日、浜辺でバーベキューをしてサンダルとTシャツで余暇を過ごす。そんなカリフォルニアガールだったジェニファーさんは、フランス貴族の末裔であるムッシュー・シックファミリーのうちにホームステイすることになった。

そこで学んだことは”本当の意味で生きるということ。ただ、存在しているだけじゃなくて、しなやかに、力強く生きていくということ”だったという。毎日当たり前のようにこなしている衣食住を、シンプルにこだわるパリの暮らしを少しだけ覗いてみませんか?

食べることをちゃんと楽しむ

kobayashi3

ホームステイを始めてジェニファーさんが気がついたこと。それはフランスの人たちは間食をしないということだった。間食をすることで食事を楽しみにする心が薄れてしまう。パリの人たちは、”食事は最も大事なことで、まるで儀式みたいに楽しんでいた”。

毎日お腹を空かせて、こだわった料理をこだわった食器を使って食べる。味わうことに情熱を注いで、ご飯を食べている最中は食材や料理の話で盛り上がるそうだ。朝食はちゃんと着替えてから食べることが当たり前で、手を抜くことはない。毎日誰もが必ず食べる食事を丁寧に行うことで、心も体も整えることができる。

クローゼットの中には10着だけ!?

kobayashi4

今、みなさんのクローゼットの中には何着の服が閉まってあるだろうか?少なくとも、10着よりも多い人がほとんどではないだろうか。ホームステイ初日に部屋を案内されたジェニファーさんが驚いたこと。それは小さなクローゼットに服が10着しかなかったことだった。

しかしこれはパリでは珍しいことではない。学校へ行っても、週に2、3回同じ服を着ているのは当たり前。さらに驚くべきことは、着ている服がしっくりと当たり前に馴染んでいることだった。ジェニファーさんは早速、10着のワードロープで生活する実験を始めてみる。そこで気がついたことが10着に絞ることにより”自分自信や自分のスタイルについて、たくさんのことが見えてくる”ことだった。

どんな自分に見せたいのか、本当に気に入っている服なのか、自分のサイズにちゃんと合っている服なのか。数を減らして厳選していくことで、自分らしい自分に似合う服が残っていく。パリの人たちはこの作業を当たり前のように行っているだけなのだ。だから服がしっくりと似合っていて、品がある。10着の服で過ごし始めてから1ヶ月。ジェニファーさんは「クローゼットを開けるたびにうれしくなる」ようになったそうだ。

何気ない日常をスペシャルに

例えば、お祝い事で貰うような高そうな食器や家具。それを当たり前のように毎日使っている暮らしがムッシュー・シックファミリーにはあった。毎日使うものこそ、贅沢なものにすることで毎日が贅沢で特別に感じられる。

それは決して贅沢にお金を使うことではない。ムッシュー・シックファミリーはものをほとんど買わなかったという。自分たちの暮らしにあう贅沢なものを、大切に大切に使っていくのだ。その為には、身の回りの管理と片付けを徹底的に行う。片付けられないのは、家の中に気に入らないものがあるからだと考える。洗練された大切なもので日常を彩れば、不思議と規律が整えられる。ものを買うのではなく、ものを大切にするスペシャルな日常がそこにはあった。

衣食住こそ、丁寧にこだわりを持つ

毎日必ず行うことにこそ、こだわりを持つパリの暮らし。そこには暮らしの中の小さなことにも喜びを見つけられる、シンプルで豊かな生き方がある。例えば、食器を変えてみたり、服を厳選してみたり、丁寧に食事を作ってみたり。自分を彩るものをちゃんと選ぶというのは、毎日を豊かにする第一歩なのかもしれない。”あなたさえその気になれば、日々のささやかなできごとが特別になる”本当の豊かさに気付かされる、アメリカでベストセラーの本書をぜひ手にとって体感してみてほしい。

今日のポイント

  1. 本当に着たい服を10着だけ選んでみる
  2. 毎日の食事にこだわってみる
  3. 生活を彩る家具や食器、持ち物にこだわりを持つ

フランス人は10着しか服を持たない

  • 著者:ジェニファー・L・スコット
  • 出版社:大和書房
  • 発売日:2014/10/30

モデルプロフィール

kobayashi_profile
  • 名前:小林真琴
  • 生年月日:1989/02/05
  • 出身地:秋田県
  • 職業:フリーモデル、ブロガー
  • 趣味:ソフトテニス、ライブ鑑賞、カラオケ、メイク
  • Twitter:@maccori_1
  • Instagram:maccori1
  • blog:まっこりのにこにこぶろぐ

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

本to美女選書