大事なものはそんなに多くない。『minimalism』

saya_top

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

  • 著者:ジョシュア・フィールズ・ミルバーン (著), ライアン・ニコデマス (著)
  • 出版社:フィルムアート社
  • 発売日:2014/3/25

30歳から始める。ミニマリズムの手引き書、ここにあります。

ミニマリズムと聞くと、持ち物や生活に制限があり必要最低限のものしか所有しない生き方というイメージを持っている人は多いのではないだろうか?私もこの本に出会うまでは、ミニマリズムにどこか窮屈なイメージを持っていた。

しかし、実際はどうも違うようだ。ミニマリズムとはライフスタイルのひとつの選択肢であり、有意義な生活や人生を送るためのツールなのだ。これは、30歳から始める。ミニマリズムというシンプルなライフスタイルの手引き書である。

本当の自由とは?

saya1

この本の著者であるジョシュアさんとライアンさんは、若手企業人として成功を納め、アメリカンドリームを手に入れたいわゆる成功者だ。しかし彼らが気付いたことは、それは外見的な成功であり、真の意味での成功ではないということだった。週に80時間働いて、たくさんの欲しいものを買っても虚無な気持ちは埋まらない。彼らは「自分が自身の時間の使い方をコントロールできていないこと、つまり、自分の人生の主導権を握っていないこと」に気がついたのだ。
働いても働いても満たされない悪循環にはまっていた時に彼らは「ミニマリズム」の存在を知る。そしてミニマリズムに出会ったことで”不必要な物をそぎ落とすことで、意味深くて幸福で情熱にあふれた自由な人生を送ることにフォーカスすることができた”という。

本書はミニマリズムを始め実践していく9ヶ月を綴ったエッセイである。

「頑張ること」を辞める

saya2

シンプルで意味のある人生を送るにはまずは「頑張らない」ことが大切だとジョシュアさんとライアンさんは唱える。頑張らないと聞くと、手を抜けばいいのかなぁと思うかもしれないが、それは違う。頑張らないで、ただただ行動を起こすのだ。例えば「痩せたい」という目標があるとしよう。これに対して「頑張る!」と答えるのはあまりにも抽象的でナンセンスだ。どうやって痩せるのか?なんキロ走るのか?どんな食事をするのか?が大切であって、頑張ることが大切なのではない。達成したいことがあるのなら、ただただ行動を起こせばいい。これが「シンプルで意義深い人生」を送る上では大切なことなのだ。

「頑張らない」ために行動を起こす。そう考えてみると、目標の達成というのは至ってシンプルなことなのかもしれない。

思いきって決断をする

saya3

新しいことを始めたいとき、或いは何かを辞めるとき、必ず決断することが必要になる。「生き方を変えるにあたって一番難しいのは、今の現実を変えようと決断するところである」と本書でも書かれているが、決断することは実はとても難しいことである。では、どうしたらいいか?決断することを「したほうがいいリスト」と「マスト事項」の二種類に分けるのだ。

まずは、したほうがいいことばかりをリストアップしていく。例えば、無駄遣いをやめた方がいい、本を読んだ方がいいなどづらづらを書いていく。この「したほうがいいリスト」があるとき自分の感情レベルで理解されるようになる。無駄遣いをやめる、本を読むという具合に「マスト事項」へ変わっていく。こうなればあとは、行動するのみ。

これでお分かりだろう。「決断というものは、それがマスト事項になるまで、それが神経の隅々に行き渡るまで、それが細胞レベルで作用するまで、それをアクションとして行動しようという気持ちになれるまでは、本当の決断とは言えないのだ」

ミニマリズムとは「大切なことにだけフォーカスする」生き方

今回紹介したミニマリズムの実践方法はほんの一部である。本書には、ミニマリズムを実践していく道のりと方法がもっと細かく記されているので、ぜひ手に取って読んでみてほしい。

ミニマリズムとは決して我慢をしたり、窮屈な生活を送ることではない。自分の人生の主導権を自分自身が持ち、自分の大切なことだけを選んで生きていくライフスタイルなのだ。大切なことを、大切にして生きていく。感情に無駄のない、大人のシンプルライフスタイルの始まりである。

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

  • 著者:ジョシュア・フィールズ・ミルバーン (著), ライアン・ニコデマス (著)
  • 出版社:フィルムアート社
  • 発売日:2014/3/25

今日のポイント

  1. 自分の人生で大切にしたいことを書き出してみる。
  2. 自分の身の回りのものを本当に要るものを要らないものに分けてみる。
  3. 本当に大切だと思うことを大切にするための決断をしてみる。

モデルプロフィール

saya_profile
  • 名前:さや
  • 生年月日:1994/6/7
  • 出身地:佐賀県
  • 職業:学生
  • 趣味・一言:演歌!・最近はマンガです(笑)
  • 最近の悩み:髪がはねるのでその扱い
  • Twitter:@kichohana_saya

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Myコーデ

WRITERこの記事を書いた人

そらい なおみ

言葉、コラージュ、写真等の作家活動を通じて大切な何かを伝えられたらと思っています。 2015年東京銀座にて個展開催、2016年ロンドンでの企画展参加。ライターとしても精力的に活動中。 幼い頃から「本」を通じて大切な感情を学んできました。その分「本」を通じて「本」に恩返しが出来るといいなぁと思っています。