日本の外から日本の食文化を見てみる 『英国一家 日本を食べる』

iijima_top

英国一家、日本を食べる

  • 著者:マイケル・ブース
  • 出版社:亜紀書房
  • 発売日:2013/4/9

 

私たちが毎日欠かさず1日3食口にする食事。そこには味噌汁や白米、もしかしたらハンバーグや天ぷらなんて料理が並び、当たり前のように食事を楽しんでいる。

ふと、初めて「天ぷら」を食べたのはいつだろう?そんなことを思った。天ぷらじゃなくてもいい、味噌汁を初めて口にしたのはいつだろう?

そのとき、どんなことを感じたのだろうか…
当たり前にある日本の食事。それを初めて口にする時、意外な発見と、おもしろさ、楽しみが溢れます。初めて日本に訪れたイギリス人家族からみた新感覚の「日本食レポート」が始まります。

日本食の「隠れた」驚きとは

iijima1

イギリス人のフードジャーナリスト、マイケル・ブースさん家族がこの本の主人公である。マイケルさん一家は日本に長期滞在し、さまざまな地域で日本の食べ物を食べて、食べて、尽くしていく。
初めに辿り着いたのは日本の大都市、東京。
私たちにはお馴染みのL字カウンターに、乱雑に並ぶ箸置きや醤油指し。そんな当たり前の風景をマイケルさんは「機能的なデザインだ」といい、日本の炭火焼きを「他のどこの国よりも炭火の扱いに長けている上に、単純ながらも画期的な工夫をしている」と称賛する。

次にたどり着いたのは日本の最北、北海道。そこで口にしたのが、北海道名産のカニだった。ここでのレポートがまた興味深い。マイケルさんがメニューを広げるとそこにはカニ、カニ、カニ料理、カニ。これは「まるでカニのロイヤルホストフラッシュ」!!ロイヤルホストフラッシュ!?とつっ込んだのは私だけではないだろう。
さらにカニを無言でもくもくと食べている人達を「恐ろしげな甲殼類を分解するのに余念がない」とじーっとみつめるマイケルさん。そしてとうとう生まれて初めてのカニがマイケルさんの前に運ばれてきた。ゴクリ。生唾を飲む。人生初の新鮮な生のカニを口にしたマイケルさんは「言葉で表せないほどデリケートだ」と言いながらも、感動するほどではないとさっぱりと締めた。しかしカニを口にしてから数日後、マイケルさんに異変が起こる。カニのあの味が無償に恋しくなってしまったのだ。電車の中で、飛行機の中で思い出してしまうあの味。
そこで発見したのが「日本人の食感に対する意識が異常なほど洗練されている」ことだったと語る。そして、日本食べ歩き旅行で得た最大の発見は日本の食べ物「食感のバリエーションとコントラスト」だったと。

懐石料理の美学に触れる

iijima2

マイケルさんは本書の中で日本の懐石料理を「最高に洗練されたパフォーマンスアートのコース料理」と呼んでいる。マイケルさんが日本で絶対に食べてみたかった料理である、懐石料理。そのレポートはとても丁寧で、私たちは日本人であるにも関わらず、その美学にうっとりしてしまう。

マイケルさんは京都の有名料亭菊乃井で食べた懐石料理一品一品の料理を味、見た目共にまるで絵を描くかのように丁寧にレポートしている。そして「綿密な計算によってひとつのコースを構成して、きちんと盛りつけられ、かわいらしく、逆らい難い風味と食感に満ちている」と称賛している。
翌日、マイケルさんは菊乃井の料理長である村田氏と直接話す機会ができた。懐石料理が海外で流行しているがこれから懐石料理はどうなっていくのか、という議論に村田氏は”伝統を受け継いでいくには何かを守らんといけませんが、同時に伝統を破ることかて必要です。僕が料理するのはお客さんのためであって、自分のためでも後世のためでもありません。賞賛というものには、興味ありません”と話す。
きっとここまで読み進めてきた人になら、この言葉を受けたマイケルさんの表情が、脳裏に鮮明に浮かぶことだろう。

日本食に秘められた「見かけによらず」

iijima3

本書の中で、マイケルさん一家は東京や北海道、京都のみならず、沖縄や福岡、大阪など本当に日本中を隅から隅まで食い尽くしている。読めば読むほどお腹が空いてくるのと同時に、日本の食べ物に潜んでいた秘密や美しさを知ってしまった感覚に陥るのは私だけではないだろう。

エピローグには「見かけによらず」という言葉がピックアップされている。
私たちが毎日何気なく口にしている食べ物や料理は「見かけによらず」繊細で洗練されているようだ。
当たり前になってしまった日常から「見かけによらず」な日本の食べ物の奥ゆかしさを再発見してみると、毎日食卓に並ぶ食べ物がいとおしくなってくる。そして、食べるという楽しみが心を弾ませてくれるようになる。
まずは週末、何を食べに行こうかな?

今日のポイント

  1. 「日本食」の「見かけによらず」を味わってみる。
  2. 毎日食べている食事を、違う角度から見てみる。
  3. 日本食をもう一度、とことん味わってみる。

 

英国一家、日本を食べる

  • 著者:マイケル・ブース
  • 出版社:亜紀書房
  • 発売日:2013/4/9

モデルプロフィール

iijima_profile
  • 名前:飯島 しずか
  • 生年月日:1992/04/12
  • 出身地:埼玉県
  • 職業:日本獣医生命科学大学
  • 受賞歴:ミス理系コンテスト2014ファイナリスト
  • 一言:大学の学祭は近所のわんちゃんがたくさん来ます!
  • 最近の悩み:寝起きが悪いこと
  • Twitter:@shizuka_nvlu

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Myコーデ

WRITERこの記事を書いた人

そらい なおみ

言葉、コラージュ、写真等の作家活動を通じて大切な何かを伝えられたらと思っています。 2015年東京銀座にて個展開催、2016年ロンドンでの企画展参加。ライターとしても精力的に活動中。 幼い頃から「本」を通じて大切な感情を学んできました。その分「本」を通じて「本」に恩返しが出来るといいなぁと思っています。