『定本映画術ヒッチコック トリュフォー』まさに映画の教科書です

Hashimoto_top

定本映画術ヒッチコック トリュフォー

  • 著者:フランソワ トリュフォー、アルフレッド ヒッチコック
  • 出版社:晶文社
  • 発売日:1990/12/1

 

サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックを知っていますか?30年代のトーキー映画の頃から、50年代のハリウッド黄金時代を支えたイギリス出身の映画監督です。

「サイコ」「裏窓」「鳥」など数々の名作を残したヒッチコックの影響を受けていない映画はまずありません。サスペンスを極めたヒッチコックが、フランス出身の映画監督フランソワ・トリュフォーと50時間にも及ぶインタビューをまとめた本書は、世界の映画人に多大な影響を与えました。この本の存在を知らない映画監督はまずいないでしょう。

映画の教科書と呼ばれている本です。この教科書を読めば、映画、本、マンガなどの見方が変わってくるはず。

 マクガフィン

DSC_6980のコピー

マクガフィン…それはヒッチコックがよく用いた映画的な用語です。ストーリーには直接関係ないけども、登場人物たちにとってはとても大事なことを意味します。

わかりやすい例はフランツカフカの「変身」です。「変身」はある日、男が目覚めると巨大な虫に変身しており、彼の家族と奇妙な生活が始まるという物語です。ここで、なぜ彼が虫に変身してしまったのか?詳しいことは書かれていません。物語を動かすには重要なことだが、理由や必然がまったくないのです。物語の登場人物にとっては問題でも、直接物語には関係のないことなのです。

JJエイブラムス監督の「ミッションインポッシブル3」にも同じことが言えます。トムクルーズ演じるイーサンハントは誘拐された妻を救うため、宿敵にラビットフットを盗み出せと言われます。やっとのことでラビットフットを盗み出しても、このラビットフットは最後の最後まで一体何なのかわからない。物語を進めるために必要な小道具にすぎない…この手法は古くから使われていました。

(ちなみにこのJJ監督…マクガフィンが好きなのか…最新作の「スターウォーズ フォースの覚醒」でもマクガフィンっぽいことをしています。ルークスカイウォーカーに通じる地図がそれです。デススターの最新版のようなスターキラー基地を破壊し終わると、なぜか故障中のR2-D2が復活して…?ルークの地図をみせる?という展開…無茶ブリだろ…これ以上は話が脱線しそうなのでやめておきます。)

とにかくヒッチコックの「汚名」ではマクガフィンがわかりやすく使われています。作中のウラニウムがそうです。マクガフィンというものを活用してサスペンスを極めていったヒッチコックの影響は今でも続いています。

 映像だけで状況説明

DSC_6844のコピー

ヒッチコックの映画を、音を消してみてみると…なおさら彼の凄さがわかります。セリフがなくてもストーリーが理解できてしまうのです。映像だけで登場人物の置かれている状況を説明する…これは案外簡単なようで難しい。

代表例が「裏窓」のオープニング

1

車椅子に乗った主人公を映し→壊れたカメラ→大破したレースカーの写真→雑誌の記事

たった20秒たらずで、セリフがなくても…主人公はカメラマンで、レースの撮影中に事故で怪我をしてしまい、自宅で休養中であることが理解できてしまうのです。中途半端な映画監督や脚本家ならセリフで説明するところを映像だけで表現してしまうのです。
これはトーキー映画(無声映画)出身のヒッチコックならではでないでしょうか。「セリフに頼らず、映像だけで表現するのが映画ならではの表現方法だ」とインタビューでよく答えていました。

 伝説のシャワーシーン

DSC_6836のコピー

映画「サイコ」の伝説のシャワーシーン。

精神異常者が女性にナイフを突きつける時、独特のリズムを生み出しています。

2 3

「トントンッタトン」と。コンマ一秒の間をあけることで

観客にショックを受ける時間を与えているのです。

マーティン・スコセッシ監督の「レイジングブル」でも、

ボクシングのシーンで主人公が一方的に殴られる時に、この「サイコ」の独特なリズムが効果的に使われています。

ナイフをボクシンググローブに置き換えているだけなのです。マーティン・スコセッシ自身もヒッチコックが生み出し独特なリズムを参考にしたとインタビューで公言しています。このリズムにして編集し直したら、緊迫感が増したと。

そして、あの有名なスティーブン・スピルバーグ監督の「ジョーズ」。漂流しているボートの船底でサメの歯を見つけた時に、奥から死体が現れてくる場面でヒッチコックのリズムが効果的に使われています。驚く海洋学者フーパーの顔がコンマ数秒だけ間をあけ映し出されるのです。あえてリズムをずらすことで客に驚く時間を与えている。このように観客の感情をコントロールするサスペンスの技法は多くの映画に影響を与えました。

4

ヒッチコックの影響は映画だけには限りません。「ジョジョの奇妙な冒険」の作者である荒木飛呂彦も「定本映画術ヒッチコック トリュフォー」をよく見なおすと言っています。

ヒッチコックは物語が進み、観客の感情が高まる瞬間になってはじめて全景を映し、登場人物たちのおかれている状況を説明していきます。観客の感情を離さず、サスペンスをじっくり作っていきます。荒木飛呂彦の漫画も同じなのです。いきなり全景を映すのではなく、感情がたかぶる時に全景のカットにつながる。ヒッチコックに学んだことがジョジョにも活きているのです。

サスペンスの巨匠ヒッチコックの影響はとてつもなく大きいです。私も学生時代に自主映画でゾンビ映画を作った際には、ヒッチコックの映画をとても参考にしました。サスペンスを練り上げていくことで恐怖が倍増されるのです。ゾンビの接近を知らせるのに、足音だけで表現するあたりは映画「鳥」を見習ったりしました。

もしあなたがエンターテイメントに携わることをしたいと思っているのなら、文学、映画、マンガ、舞台どういうジャンルであれヒッチコックに学んでみてはいかがでしょうか?

<合わせて読みたい>



荒木飛呂彦の漫画術【帯カラーイラスト付】 (集英社新書)

ジョジョの作者が自身の手の内を明かす本!ヒッチコックの影響や王道マンガの書き方が事細かに書かれている。



恐怖の作法: ホラー映画の技術

なぜ人はホラー映画を見に行くのか?多くの恐怖映画を分析し、徹底的に練られたサスペンスを追求している著書です。

悩みを解決するポイント

  • マクガフィンを知って、映画や漫画いかに頻繁に使われているか理解する
  • 会議でもなんでもセリフで言うだけでなく、映像だけの方が人には伝わる
  • 舞台、マンガ、小説、プレゼンなんでもいい…サスペンスがしっかり練られているものが人の注目を集める

定本映画術ヒッチコック トリュフォー

  • 著者:フランソワ トリュフォー、アルフレッド ヒッチコック
  • 出版社:晶文社
  • 発売日:1990/12/1

モデルプロフィール

Hashimoto_profile
  • 名前:橋元祐子
  • 生年月日:1994/12/22
  • 出身地:神奈川県
  • 職業:法政大学
  • 趣味:おかし作り、ジョギング

(カメラマン・横須賀馨介)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Myコーデ

WRITERこの記事を書いた人

kikuchan

6月9日(ロックな日)生まれ。 映像制作会社勤務。TSUTAYAから年賀状が届くほどの映画マニア。年間350本の映画鑑賞。 「映画ばかり見てないで、勉強しなさい」と言われて育つ。 学生時代は映画の新人賞受賞。文学だけでなく、あらゆる本を読むようにしてます。 好きな本:『竜馬がゆく』『スティーブ・ジョブズ』 趣味:座禅