たった10秒で結果が出せる自分に変わる『結局「すぐやる人」がすべてを手に入れる』

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

  • 著者:藤由 達藏
  • 出版社:青春出版社
  • 発売日:2015/7/1

今日の昼ごはんは何秒で決めましたか?

p1010507_5

私たちの毎日は決断の連続である。決断と言うと大げさかもしれないが、ケーキを食べようか迷ったり、勉強しようか迷ったりするのも決断のひとつである。ここで問題となるのがこのような決断にどれくらいの時間がかかっているのか、ということだ。1分?5分?それではまだまだ遅いらしい。わずか10秒。それが決断を前にしたときに私たちに託された時間だと言うのだ。

10秒の決断が行動を決める

p1010725_2

本書は30万部以上を売り上げているベストセラーである。筆者の藤由達藏さんはメゾットや心理学を学びながら、多くの仕事現場を見てきたそうだ。その中で気付いた人間の行動の法則は「10秒の間に動くことができる人はすべてを手に入れ、10秒以上もの時間をかけても動けない人は何も手に入れられなくなる」ということ。

つまり、10秒の間に決断できることが成果を出すことには欠かせないようなのだ。では一体どのように、決断すればいいのか。それには、「気分」と「視座」が大切となる。気分とはモチベーションのことではない。いくら、勝ちたい!もっと上に行きたい!というモチベーションがあっても、それを実践するための行動に移している人は少ない。藤由達藏さんはこう話す。「人の行動力は、モチベーションが支配しているのではありません。行動力は、気分で決まるのです」それほど、気分は行動に直結しているということになるだろう。

それでは、視座はどうだろう。視座とは、視点と立場のことを指す。いつも同じ視点からしかものごとを捉えることができない場合、問題にぶち当たることでフリーズしてしまう。このようにならないためにはダイナミックな視座の転換が必要なようだ。本書では、気分と視座を変えて、10秒で行動するための指標が分かりやすくまとめている。

気分を選択できる権利を持っている

p1010117_4

先程から10秒で決断するためには気分が大切だと述べているが、気分とはどのようなものかピンと来ない人も多いのではないだろうか。人は誰でも嬉しい気分のときや悲しい気分のときがある。簡単に言うと、気分には陰と陽の状態がある。楽しい気分になりたいけれど、感情が乱れてなかなか立ち直れないこともあるだろう。

ここで大切となる気分の原理は、「気分は選択できる」ということだ。陰と陽、どちらも大切な感情であり、自分自身で選択することができる。そのために必要となるのが「表情」「動作」「言葉」のコントロールである。「気分は目に見えたり触れたりするものではありません。ですから、じかにコントロールするのは難しいのです。気分を変えるには気分とつながりのある感情表現の3要素を変化させることで、変化させることができます。」自分の気分は、自分で選択できる。さらに詳しく知りたい人はぜひ、本書をめくってみてほしい。

10秒間だけ視座の転換をしてみる

p1010164_3

藤由達藏さんはフリーズしないで悩みや迷いを晴らすためには、視野を広く持つ必要があるという。そのために必要となるのが視座の転換だ。例えば、自分が新しいプロジェクトに携わったとしよう。そこには5人の仲間がいる。その5人にはそれぞれの立場やそれぞれの考え方がある。まずは、自分とは別の立場からプロジェクトがどう映っているのかチェックする。そのためには、人数分のいすを準備して人間関係が分かるように配置してみる。そして、今まで座っていた席を離れてそれぞれの人が座る予定のいすに腰かけてみる。こうすることで、より鮮明に他人の立場になってプロジェクトを見ることができる。

次に、全体を見渡して自分のプロジェクトがどのように写るのか客観的に感じ取ってみる。「そのうちにもやもやしていた霧が晴れるように、問題の答えが見つかったり、解決の一歩が踏み出したりできるようになります」視野を広く持つためには、視点や立場を切り替えて考える習慣をつけることが大切なようだ。

たった10秒を意識するだけでも思考が変わっていく

p1010373_1

今まであまり意識することのなかった、10秒という時間軸を意識するだけでも、決断力は少しずつ身に付いていく。本書では、10秒で行動するための指標を分かりやすくまとめているので、ぜひ新しい習慣作りに役立てて頂きたい。まずは10秒間で今晩のメニューを決めてみようかな。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

  • 著者:藤由 達藏
  • 出版社:青春出版社
  • 発売日:2015/7/1

モデルプロフィール

p1010737_profirm
  • 名前:石川舞花
  • 生年月日:1997/10/20
  • 出身地:宮城県
  • 職業:大学生
  • 趣味:温泉、散歩
  • 最近の悩み:春は好きだけど花粉症は辛い

(カメラマン:村井優一郎)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Myコーデ

WRITERこの記事を書いた人

そらい なおみ

言葉、コラージュ、写真等の作家活動を通じて大切な何かを伝えられたらと思っています。 2015年東京銀座にて個展開催、2016年ロンドンでの企画展参加。ライターとしても精力的に活動中。 幼い頃から「本」を通じて大切な感情を学んできました。その分「本」を通じて「本」に恩返しが出来るといいなぁと思っています。