え?スター・ウォーズとお坊さんの異色のコラボ。 『スター・ウォーズ 禅の教え』

スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4・5・6

  • 著者:枡野俊明
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2015/12/11

 

フォースと共にあらんことを。
May the force be with you.

スター・ウォーズには禅の教えが深く色づいている。砂漠で隠遁生活を送るオビワン・ケノービは、天命を受けたルーク・スカイウォーカーにフォースの教えを授けます。
目に見えない力で運命と戦う主人公の姿には、現代人が忘れていたものがあるのではないでしょうか。

禅1

禅とはいったい何か?著者は「円相」と答えている。
円には、はじまりもなければ、終着点もない。
ルークが師オビワンと出会い、ヨーダの下で修行し、実の父親のダース・ベイダーと対決していく様は、まさに因縁。

ルークは自分のなかの仏性に気づき、悪の権化と
化した父ダース・ベイダーの中に善を見出す。

スター・ウォーズは師弟、親子といた縁について、
はじまりも終わりもなく繋がっていく不思議な因縁の物語と言えるのではないでしょうか。

今に生きる私たちは、毎日SNSを見て過ごし、大量の情報に翻弄されています。
忙しい毎日に胸が苦しくなった時に、ふと立ち止まり、「禅」の教えに耳を傾けて下さい。
生きにくい世の中を、シンプルに生きるためのヒントを「禅」が教えてくれるはずです。

「一隻眼」一切の事物の本質をみる

Fukuhara_1

 

『スター・ウォーズ エピソード4・5・6』を禅の教えと共に読み解くと、いくつか共通点があらわれます。印象的なのはエピソード4で、ルークが師オビワンにはじめてフォースの手ほどきを受けるシーン。

ミレニアム・ファルコン内でライトセーバーを使って修行を受けるルーク。
そんなルークにオビワンは目隠し付きのヘルメットを渡します。
「目は君を惑わすんだ。視覚を信じてはならん」
これは「禅語」で言うと、「一隻眼」です。

仏教では、肉眼(通常の目)、天眼(未来を予知する目)、慧眼(一切の真理を見極める眼)、法眼(大宇宙の道理にそって真実を照らす眼)、仏眼(仏心で融通無碍に真実を照見する眼)の五つの真実を見抜く目があるとされています。
「一隻眼」はこのすべてを兼ね備えており、智慧をもって一切の物事を見る特殊な能力のある眼を言います。

師オビワンは、ルークに「一隻眼」を備えたジェダイになって欲しかったのではないでしょうか。ルークが肉眼に惑わされて、物事の本質を見失うのを恐れたのです。

禅は物事の本質を見抜く力でもあります。ふと立ち止まって、自分を見つめ直すことで、雑音で覆い隠された物事の本質を見失わないようにするのです。

「一行三昧」ひとつのことに集中して、そのものになりきる

Fukuhara_2

ヨーダのもとで修行に励むルークは、フォースをコントロールするためには集中しなければならないと言われます。
そして、ルークは沼に沈んだXウイングを引き上げようと無心になってフォースを感じようとする。

目の前のことに取り組んで、身も心も一体となる。
そうすると自ずと不安も消え去っていきます。
今、自分がしていること。話していること。
そこに集中する。ひとつのことに徹底して集中している様を
禅語で「一行三昧」と言います。無心になって取り組む人間の姿は美しいものです。

禅2

またXウイングは大きいからフォースでは持ち上げられないというルークに対し、
ヨーダは、小さい自分を例えに出し、物事を判断する基準は見た目ではないと説きます。
外見だけで物事を判断している人間は浅はかなのです。

「而今」いまを大切に生きる

Fukuhara_3

「禅」では、過去や未来もなく現在がすべてと考えています。今、なすべきことに集中するというのは、禅の生き方そのものなのです。

ルークが初めてフォースに目覚めたのは、初代デス・スターとの攻防戦の時でしょう。
Xウイングで出撃するルークに対し、フォースと一体となった師オビワンは、自動照準機に頼らず、フォースの力を使えと説きます。戦闘機からデス・スターの唯一の弱点である通気口の穴をねらうのは至難の業。しかし、ルークは「今」に集中し、みごと初代デス・スターの破壊に成功するのです。

人は、過去の栄光にこだわり、何かを失うのを恐れてしまいます。また未来の出来事に対し、まだ見ていないのに不安を感じたり、過去の出来事に対しても「ああすればよかった。こうすればよかった」と不満を言いがちです。

禅3

過去も未来も「今」ではありません。
自分が現在、生きているのは「今」でしかないのです。
「今」やるべきことをしっかりとやる。そうすれば、いつしか点が繋がって線になり
人生を彩っていきます。

こころの在り方を極めていくのが「禅」です。過去に執着せず「今」に集中する。
無心になって「今」に取り組んでいると自分自身と向き合えることができます。
人間無心になろうとしても、案外何も考えないというのは難しいものです。人間は考えるようにできているため、雑念が入ってきてしまいます。
しかし、流れてくる雑念を取り除き、浮かんできては消えていく雑念と向き合っていくうちに無思量の境地に近付けるのです。

ストレス社会に生きる私たちには、一歩立ち止まり、心を整える時間が必要なのではないでしょうか。フォースや禅とともに、「今」を生きる自分と向き合う。その大切さを著書は教えてくれます。

今日のポイント

  1. 偏見に惑わされず、物事の本質を見抜く力を身につける。何事も一歩立ち止まって、自分の目で見て、考えることが重要。
  2.  身も心も無心になって「今」に取り組む。過去の出来事や未来に不安を感じても、何も解決しない。「今」に集中する。
  3.  頭の中に浮かんでは消えていく雑念と向き合う。気が付いたら無心になり今、この瞬間に集中できるようになる。無心となって自分と向き合う時間は大切。

スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4・5・6

  • 著者:枡野俊明
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2015/12/11

 

モデルプロフィール

Fukuhara_profile

名前:福原南奈
生年月日:1995/06/13
出身地:栃木県
職業:法政大学
趣味:映画鑑賞、旅行、カフェ巡り
Twitter:@nanaagestock

(カメラマン・Rimi Sakamoto/個人サイト・http://www.rimisakamoto.net/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

本to美女選書

WRITERこの記事を書いた人

kikuchan

6月9日(ロックな日)生まれ。 映像制作会社勤務。TSUTAYAから年賀状が届くほどの映画マニア。年間350本の映画鑑賞。 「映画ばかり見てないで、勉強しなさい」と言われて育つ。 学生時代は映画の新人賞受賞。文学だけでなく、あらゆる本を読むようにしてます。 好きな本:『竜馬がゆく』『スティーブ・ジョブズ』 趣味:座禅