最も出世した女帝 『火宅の女-春日局』

火宅の女─春日局

  • 著者:平岩 弓枝
  • 出版社:KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日:2001/12/14

 

豪華絢爛の極み、女の園、「大奥」

それを作った女帝「春日局」

彼女は日本の歴史上、最も出世した女性だ。
浪人の妻から将軍家の乳母となり、女性で最高権力を勝ち取った。

春日局が家光は将軍になれますようにと祈った場所がある。
東京都文京区にある「出世稲荷神社」。

お福は、家康から将軍の乳母として3千石が与えられた。
現在の、東京都文京区全体がお福の領地であった。文京区に「春日町」がある。これは春日局が由来している。
彼女の痕跡は今でも残されており、乱世で活躍した女性だ。

彼女はいかにして、上り詰めたのか。

ドン底から誰もが憧れる職へ

ono1

春日局の本名は「斎藤福」。

お福は、名家の娘として何不自由なく過ごすはずだったが、本能寺の変が勃発。
父・斎藤利三は明智光秀も重臣であり親戚。父は処刑されてしまう。

ここから彼女の波乱万丈の人生がはじまる。

親類縁者を頼り各地を転々とする。裏切り者の娘として、どこへ行っても非難される。
少女一人がたらい回しにされ、まともな食事や寝床にありつけない日々が続く。

お福は耐えに耐え、中国地方の大名の筆頭家老に嫁ぐことになる。
「これで人並みの生活ができる」と安心するお福。

だが、それも束の間。突然、夫が主君と揉めて家老職を辞めてしまう。
お福は23歳で子供三人を抱えたまま再び貧乏生活へ逆戻り。

「こんなはずじゃなかったのに」と、京都の町を歩いていたお福は、ある立て札を見つける。
それは将軍家の乳母を募集するものだった。

「これだ!」
お福は今の生活から抜け出すべく、すぐに応募し、見事合格。
三代将軍、徳川家光となる竹千代に乳母となった。

26歳、夫と別れて新たな人生を歩み始めた。

乳母VS生母。「勝つのは私よ」

ono2

世にいう、「春日局の抜け参り」という有名な話がある。
これは、お福が出世した一番の要因だ。

次期将軍の座を狙っての世継ぎ争いで、乳母と生母が対立。

将軍・秀忠は非常に恐妻家で妻・お江与に味方していた。
乳母のお福は非常に危機的状況であった。

お福に策が浮かぶ。
伊勢参りと称して江戸城を出る。実は、それは真っ赤な嘘だった。
彼女が向かった先は駿府城(静岡)。当時、徳川家康が隠居していた城だった。
お福は奇跡的に家康への目通りが叶う。そして、大胆にもこう進言した。

お福「弟の国松様は母親の寵愛を受けてその威光は兄の竹千代様より大きくなっています。
弟が兄を差し置くということは世間一般ではありません。ましてや、この天下の大事です。
ぜひ、家康様の御裁断をお願いいたします」

家康「大将軍家康に一介の乳母が直訴するなど、なんとも大胆な」
これが世にいう、「春日局の抜け参り」だ。
嘘をついて江戸城を離れ、家康に直訴などすれば、死をもって罰せられることもありうる。それはまさに、命懸けの直談判だった。

その後、家康は江戸城の現れ、竹千代国松兄弟は家康に挨拶をするため呼ばれた。

家康「竹千代殿、こっちに来なさい」
と、まず竹千代を上座へ呼んだ。

それを見て、弟・国松も前に出ようとする。が、その時、

家康「国松はそこに居よ」
家康は国松を叱り、下座に留め置いたのだ。

この瞬間、三代将軍は竹千代に決まった。

お福は誰にも聞かれないように、静かに涙した。

女帝の称号「春日局」

ono3

徳川家光(竹千代)は三代将軍に就任する。
そして、お福は幕府内で女のトップ、大奥総取締役になる。

お福は、家光のために大奥の組織を作り上げた。
家光は自分の正室を相手にせず、女性よりも男性に興味を持っていた。
それを心配したお福は、あらゆる娘を連れてきて、家光の相手をさせた。

これが大奥の始まりにして、最大の目的である。

そして、お福の目論見通り、見事、家光に世継ぎが誕生する。のちの将軍となる息子たちだ。

こうした実績からお福は、幕府内で絶対的地位を築く。
そして、51歳で将軍に代わり天皇に拝謁する。冠位のないものが天皇に謁見するという、前代未聞の出来事だった。

このときに、朝廷から与えられた称号それこそが「春日局」であった。

父を処刑され、各地を彷徨い、貧しい暮らしに耐えたお福が、遂に江戸幕府の女帝にまで上り詰めた。浪人の妻から女帝へ。

したたかさと大胆さを併せ持つ彼女だから成し得たのだ。

火宅の女─春日局

  • 著者:平岩 弓枝
  • 出版社:KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日:2001/12/14

モデルプロフィール

ono_profile
  • 名前:小野夏帆
  • 生年月日:1995/8/4
  • 出身地:大分県
  • 職業:埼玉大学
  • 受賞歴:ミス埼大2016ファイナリスト
  • 趣味:ライブやフェスに行くこと
  • 最近の悩み:背が大きすぎてつり革に頭をぶつける
  • Twitter:@Miss_sai_1601
  • Instagram:@natsuho_ono

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

WRITERこの記事を書いた人

タバオ

大学受験に失敗し、1年浪人するも不合格。コンビニ、土方、ヒーローショウ、環境調査隊、家電量販店のアルバイトを経験するが、やがてはニートにまで落ちる。だが、失うものがないからこそ、開き直れる! 高卒だっていいじゃない。ニートだったからって何なのさ! よく読むのは、歴史小説と漫画。好きな歴史小説『播磨灘物語』、漫画『NHKにようこそ!』。