謎多き、戦国一の美女 『お市御寮人』

お市御寮人

  • 著者:舟橋 聖一
  • 出版社:祥伝社
  • 発売日:1991/12

 

「戦国一の美女」とまで語りつがれている、お市の方。

兄・織田信長の命により、浅井長政の元へと嫁いだ。金ヶ崎の戦いで夫・長政が死去。本能寺の変により信長が亡き後、柴田勝家と再婚する。しかし、勝家と秀吉の対立が激化し、賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れ、勝家とともに自害をする。

お市は、美貌もさながら聡明でもあった。
兄・信長も「市が男だったなら、良き武将となったであろう」と評価してた程に。
だが、実は彼女の人生については、謎が多い。正確に残された史料が少なかったからだ。

謎多き美女の真相に迫りたい。

愛したのはイケメンか、それとも魔王か。

sugimoto1

お市の兄・信長は関東統一の足がかりのため、織田家と浅井家が同盟を結びたい。
それに利用されたのがお市であった。

政略結婚を強いられるが、断るわけのはいかない。当時の女性は、それが当たり前であった。尚且つ、お市は兄・信長を慕っていた。

信長の策略で、浅井長政と政略結婚をするが、案外順風満帆な日々が続いた。
長政は義理堅さと優しさを持った人物だった。さらに、180cmほどの長身でイケメン。
長政とはとても仲の良い夫婦だった。

長政はお市を溺愛していた。軍議にもお市を参加させてはイチャイチャしていた。四六時中一緒にいることが多く、兵や侍女たちに引かれていたそうだ。

時は戦国。順風満帆な日々も長くは続かなかった。
織田家と浅井家は対立し、仲が悪くなる。

織田家が朝倉家侵攻をする。両家は浅井家に援軍の要請をするが、長政は悩む。
昔馴染みの朝倉家か。愛する妻の織田家か。

お市は見透かしたかのように言った。
「あなた様のお好きなようにしてください。大丈夫です。兄はあれでも寛容です。例え、敵対しようにも許してくれるでしょう。」
長政からしたら、お市は葛藤したような素振りはなかったように見えた。そこには、兄弟にしか知り得ないものがあったのだろう。

長政は決心し、盟友朝倉家を選んだ。そして、織田信長と衝突する。
これが後の「姉川の戦い」だ。

このとき、お市の方が浅井の裏切りを察し、兄信長にいち早く知らせた、という逸話は有名である。お市は、手紙では怪しまれるので、小豆を袋に入れて、織田の陣営に、陣中見舞いと称して送った。その袋の上下は縄でくくられており、受け取った信長は、瞬時にして「袋の中のネズミ」の意を悟り、ゆえに危地を脱出できたのだ。

姉川の戦いの後、浅井長政が織田信長に敗れて自刃した際には、お市は織田家に返されて兄・信長の庇護をうけた。

お市の長政への愛は本物だっただろう。だが、信長への愛も本物だった。結局、お市は裏切り織田家を選んだ。その真意は謎に包まれている。

ホトトギスよ。織田家に天下を。

sugimoto2

清州会議を経て、豊臣秀吉が織田家の実力者となったため、お市は織田家筆頭家老だった柴田勝家と再婚した。

織田家を秀吉が牛耳るのが許せなかった。
お市は秀吉が心底嫌いであったからだ。
前夫の長政が失ったとき、信長の命でお市の息子も殺された。そのとき、秀吉の手によって殺害をされた。信長を恨むのではなく、息子を実際に殺害した秀吉を恨んだ。

そして何より、信長の意志を受け継いでいるのは夫・勝家だと思っていた。

だが、勝家、お市は秀吉と徹底抗戦するも賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れる。
そして、北ノ庄城で勝家と共に自害をする。

このときに辞世の句を詠み合った。

お市「さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜に 別れを誘う ほととぎすかな」

こう詠んだお市に対して、勝家は、

勝家「夏の夜の 夢路はかなき 跡の名を 雲井にあげよ ほととぎす」

と返した。

ホトトギスは別名「死出の田長」と言われていて、あの世から迎えに来るという伝説があった。

辞世の句の意味としては、

お市「ただでさえ、そろそろ眠る頃合いなのに、天が迎えにきたようです。ホトトギスがこの世に別れを誘っているのでしょう」

勝家「夢の途中だがいい人生だった。ホトトギスよ、俺たちが生きた証を轟かせてくれ」

死を悟っていたお市は、娘である淀殿、お初、お江の三人に織田家の天下を託して逝った。

お市は謎は多いが、確かなことがある。
兄・織田信長を慕い、信長の天下取りの意志を、誰よりも強く受け継いだ女性。

睦まじい仲であった夫が2回も天下人に対抗して滅亡し、最後は自害した事とその美貌から「薄幸の美女」とも呼ばれていたそうだ。

お市御寮人

  • 著者:舟橋 聖一
  • 出版社:祥伝社
  • 発売日:1991/12

モデルプロフィール

sugimoto_profile
  • 名前:杉本雛乃
  • 生年月日:1997/3/16
  • 出身地:神戸
  • 職業:東京大学
  • 受賞歴:ミスキャンパスコレクション東京初代ファイナリスト
  • 趣味:ミュージカル鑑賞
  • 最近の悩み:朝寒い
  • Twitter:@hinyanmail

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

WRITERこの記事を書いた人

タバオ

大学受験に失敗し、1年浪人するも不合格。コンビニ、土方、ヒーローショウ、環境調査隊、家電量販店のアルバイトを経験するが、やがてはニートにまで落ちる。だが、失うものがないからこそ、開き直れる! 高卒だっていいじゃない。ニートだったからって何なのさ! よく読むのは、歴史小説と漫画。好きな歴史小説『播磨灘物語』、漫画『NHKにようこそ!』。