アメリカンビーバーがすごい!生きものの巣109に学ぶ人生の変え方

生きものたちのつくる巣109

  • 著者:鈴木まもる
  • 出版社:エクスナレッジ
  • 発売日:2015/10/15

 

jyo1

「生物を学んで「生きる」意味を知る。
生きることに苦しくなった時、ふと立ち止まって手に取ってほしい本特集
~猫は好きなのに、虫は嫌いなんて言わせない!~」

今週1週間は、生物の「環境・時間・多様性・食・命・進化・歴史」という7つの観点から、生物、生きるについてを学んでいきたいと思います。

生きる意味の直接的な答えは書いていないかもしれませんが、「生きる意味ってなんだっけ」とふと立ち止まって考えるきっかけとなるような、少しだけ元気が出るような本を紹介していきます。

◆アメリカンビーバーがすごい!

jyo2

アメリカンビーバーがすごい。

何がすごいかって?

アメリカンビーバーは、私たち人間を除くと、自らの生活のために周囲の環境を変えてしまう唯一の生きものなのだ。

ビーバーは尖った歯で木を削って倒す。倒した木を集めて土などで固め、川の近くに山のような形の巣をつくる。

そして、川の下流に水を集めて土で固め、ダムをつくって川をせき止める。巣の周りが水に沈むと、もう天敵は誰も近づけない。

安心・安全・快適な水の上の巣の出来上がりだ。

jyo3

「アメリカンビーバーの安心・安全の仕組みの秘訣」

疑問1.大雨が降ったらどうする?

大丈夫です。なんたって人間以外で唯一、自らの生活のために周囲の環境を変えられますから。
大雨で川が増水し、巣の中まで浸水してしまいそうになったら、ダムを一部壊すことによって水を流し、水位を下げます。はい、これで対処完了!

疑問2.冬に周りの川が凍り、クマなどの天敵がやってきたらどうする?

こちらも大丈夫。仮に天敵がやってきても、巣は頑丈な上、凍っているので壊すことができません。ビーバーは水の中に貯めてある木を食べて、安全に暮らせます。

アメリカンビーバーの巣には、安心・安全でかつ、賢い知恵が詰め込まれているのだ。本書にはこのように、生きものの巣がなんと109も紹介されている。(イラストが素敵なのでぜひ本書で巣のビジュアルを堪能してみてほしい!本記事では美女の写真で失礼する)

jyo4 jyo5

シャカイハタオリの巣は、木に10m近くある大きな枯れ草のかたまりを置き、その枯れ草の中にいびつな巣を作るという。

シャカイハタオリの生息するアフリカの砂漠地方は、日中の気温が40度以上に上がる一方で、夜間はマイナス10度以下に下がることもあり、寒暖の差が厳しい気候である。でも、大丈夫。枯れ草を厚く重ねた巣の中は常に26度に保たれていて、日中の暑さにも夜間の寒さにもしのぐことができる。

巣の形にもしっかりと意味があるのだ。

◆まだ住む場所で消耗してるの?人生を変えたければ、環境を変えるべき

jyo6

環境と言えば、実際に住む場所を変えて、よりクリエイティブになったプロブロガーがいる。イケダハヤト氏だ。著書『まだ東京で消耗してるの?』でこう書いている。

ぼくが東京を離れたのは、移動に嫌気がさしたからです。毎日毎日、移動してばっかりで、やるべきことに集中できないんですもの。

さらにこう述べている。

東京で記事を制作する限り、「ネタかぶり」からは逃れられません。地獄のような状況でした。これでは、いくら努力しても成果は出にくいんですよ。

……

この話のポイントは、「ぼく自身の努力はまったく変わっていない」ということです。
東京でやっていたのと同じように、お店に行って、写真を撮って、記事を書くだけ。でも、高知でそれをやる人が少ないので、同じ行為だけど価値が違うんですね。成果というのは、必ずしも能力に比例するわけではないのです。環境を変えれば、同じ能力だとしても、圧倒的に成果が出やすくなるのです。

僕たちは環境の奴隷になっている。適切な環境に変えさえすれば、活躍できる確率上がると主張する。

jyo7

昔、仲良くさせていただいている知り合いの社長さんにどうやって仕事できるようになっていったんですかと聞いたら、先輩と長くいることだよ言われたことがあった。その人は、仲良くなりたい上司の住んでいる駅にわざわざ引っ越し、終電に関係なくその上司と会えるようにしたと言っていた。

そのおかげで自分を知ってもらう機会が増え、仕事を教えてもらうことも多くなり、そのおかげで仕事ができるようになっていったと。環境を変えることは、人生を変える最も簡単な方法の一つなのかもしれない。

◆巣を知ることは、その生命を知り、「生きる」とは何かを教えてくれる

jyo8

本書には、上記で挙げた生き物以外に、世界で唯一水の中に巣をつくるミズグモや、巣の周りに青いものを集めて置くアオアズマヤドリ、巣を持ち歩くメジロダコなど様々な生き物が出てくる。

巣を知ることは、その生命を知ることでもあるし、それらが生きている環境を知ることにもつながります。それだけでもなく、巣は「つくる」とはなにか、「生きる」とはなにかを教えてくれるものではないでしょうか。

人生を変える最も簡単な方法は、住む場所・環境を変えること。人生に迷ったら、環境を、住む場所を変えてみてはいかがだろうか。

そのために本書で、巣を知り、生命を知ることで、大事な「生きる知恵」を身につけることができるのだ。

合わせて読みたい

巣の形にはしっかりと意味があります。一方で、変な体にもそれぞれ意味があります。
生物兵器のような生物から、漫画のような生物まで。

 

年収は住むところで決まります。

こんなお悩みを解決!

1.職場の人間関係に悩んでいます。べたにお局様と馬が合いません。
→お局様はあと何年会社にいますか?辞めるまで待てますか?待てないなら、そんな環境すぐに変えてしまいましょう。環境を変えたら仕事のパフォーマンスが上がるかもしれません。

2. 同期と比べて仕事が遅いです。
→まずは先輩から可愛がられることから始めましょう。そのために好きな上司、または会社の近くに引っ越すこと!他の同期と比べて上司と長くいる時間ができ、あなたの良さを知ってもらう機会が増えて、その分気にかけてもらいやすくなり、結果的に仕事ができるようになりますよ!

生きものたちのつくる巣109

  • 著者:鈴木まもる
  • 出版社:エクスナレッジ
  • 発売日:2015/10/15

モデルプロフィール

jyo_profile

名前:徐依莎
生年月日:1995/11/27
出身地:中国
職業:千葉大学
受賞歴:Ray専属読者モデル プリ❤︎クラ
趣味・一言:寝ること
最近の悩み:なし
Twitter:@IsaJyo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

WRITERこの記事を書いた人

森井 悠太

「本to美女」副編集長。 1990年生まれ。慶應卒。一浪、一留、一休学と余すことなく学生生活を送る。2016年1月から株式会社SENSATIONにジョイン。 芸能事務所のスカウトマンを経験。渋谷でNo.1スカウトマンになれた経験を書き、第10回出版甲子園で準グランプリを受賞。モラトリアム症候群で、某大手IT企業の内定を入社ギリギリで辞退。結果、ニートとなる。その後、銀座で会員制のバーテンダーを経て、「本to美女」に参画。 キャッチコピーはアクティブなヒキコモリ。生粋のHONZ被害者でもある。