ソーシャル物理学「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学

ソーシャル物理学:「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学

  • 著者:アレックス・ペントランド
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2015/9/17

 

ビジネス書だけでなく、テレビや新聞、雑誌などでも盛んに取り上げられるようになった「イノベーション」。現実社会に起こる様々な問題を解決する画期的なアイデアといった意味合いで使われることが多く、スティーブジョブズのような一握りの傑出した天才だけがイノベーションを起こせるのだという諦めに似た感情を抱いている人も多いだろう。

よく耳にはする割に実体のつかめないイノベーションを起こすための画期的なアイデアはどのようにして生まれるのか。そしてそのアイデアはどのように社会へと広がっていくのかをビッグデータを用いて解き明かそうとしたのが本書の著者アレックス・ペントランドだ。

アレックス・ペントランドはマサチューセッツ工科大学(MIT)の教授であり、MITメディアラボのヒューマンダイナミクス研究グループの所長を務めるビックデータの世界的第一人者だ。新しいアイデアやテクノロジーが次々と生まれ、数々のイノベーションの出発点となっているMITでの経験を通して、彼は人々が伝統的に抱いてきた人間に対する見解や、社会とはどう動くものかという見解が間違っていることに気づいた。そしてその気づきに明確な根拠を与えるために彼が選んだツールが社会物理学だ。

1.社会物理学とは何か

dei1

社会物理学という言葉を初めて聞くという方がほとんどだろう。理系の学問を代表する物理学が社会に対してどのような理解を与えてくれるのか。

本書の内容に入る前に簡単に社会物理学について説明しよう。

社会物理学を、社会の進化をビックデータで理解するための新しい枠組み、と著者は表現している。新しいアイデアはどこで生まれるのか、それはどうやって行動に移されるのか、どうすれば協調的で生産性が高く創造的な社会構造を実現できるのか、といった問いに社会物理学は答えようとしているのだ。

ビックデータを活用する、というと社会物理学はごく最近生まれた学問だと思われるかもしれないが、社会物理学という名前自体は1800年代の初期に使われていた。ニュートンの物理学の考え方を社会に投影して、社会を巨大な機械として捉えようという動きが誕生のきっかけであった。

その後20世紀に入ると人口流動に統計的な規則性が確認されたことで社会物理学は再び注目を集めることになった。

こうした歴史を持つ社会物理学が現在新たな枠組みとしての価値を持ち始めたのは分析に用いるデータが指数関数的に増加したことによる部分が大きい。人工知能なども同様であるが、種々のセンサーの進化と低価格化により、従来とは比べものにならないほど多くのデータを入手できるようになったことで社会物理学も飛躍的に発展したと言えるだろう。

社会物理学で用いられるデータとしては、電話などの通話記録、クレジットカードの利用履歴、GPSによる位置情報などである。著者を含むMITのグループはデータ取得、分析に関するリアリティマイニングという手法でロジー・レビュー詩から世界を変える10のテクノロジーに選出されている。

膨大なデータに基づく社会物理学が何を教えてくれるのか、その例を1つ紹介しよう。

2.創造性は個人の才能ではなく群衆の英知

dei2

冒頭で述べたように、創造性は優れた一握りの人間だけが持つものだという考えは広く世に受け入れられているが、社会物理学はそうではないという事実を提示する。

かつてスティーブ・ジョブズが語ったように、創造力は物事を結びつける力と表現する方が実態に則しており、周囲の環境に大きく左右されるのだ。

データ収集装置「ソシオメトリック・バッジ」を被験者たちに装着してもらった実験など一連の実験を通して、個人が優れたアイデアを得るにあたり留意すべき点は以下の3つだ。

  1. 社会的学習が極めて重要であること
  2. 多様性が重要であること
  3. 他人と反対の行動を取る人が重要であること

社会的学習が極めて重要である、とは成功した他人を真似するという行為を学習のプロセスに取り入れることで、自分で得た情報だけをもとに学習するよりも大きな成果を得られる確率が高まるということだ。一人でやるよりもみんなでやったほうがいい、というのはなんだか拍子抜けしてしまうが、イノベーションや創造性という言葉に対する特殊なイメージを払拭するところから始めよというメッセージとも考えられるだろう。

多様性が重要である、とは集団思考という危険を回避するよう努めなければならないということだ。一人よりも集団で取り組んだほうが学習の効果は期待できるが、集団に所属する個人が同一の方向に進んでいる時に、自分のアクセスできる情報源が十分に多様化されていない可能性を疑わなければならないのだ。集団における常識は論理的に導かれたものだろうか、それとも個人の常識が多くの人に支持されて増長しただけに過ぎないのか。後者だった場合に集団を盲信してしまうと思うような結果が得られないばかりか最悪の結果を招くかもしれない。

他人と反対の行動を取る人が重要、とは人々が周囲の人間と違う行動をしている場合に、その人たちは独自の情報に基づいて行動している可能性があり、彼らから学ばなければならないことということだ。当然、そうした行動を取る人が明確な情報に基づかないただの変人である可能性もある。独自の行動を取っている人たちになるべく多く接触し、彼らの持つ情報の共通点を見出すことが重要だ。

個人がイノベーションを起こす種となるアイデアを得るために必要なのは、生まれ持った才能などではなく、すでに成功した人から学ぶこと、その学びの絶対数を増やすこと、そしてその内訳を多様なものにしていくことだというのが社会物理学の教えるところだ。

そして社会物理学の扱う対象は個人から集団へ、都市や社会全体へとスケールアップしていく。

3.社会物理学の描く未来図

dei3

集団がうまく働く時とそうでない時の違いを可視化することも社会物理学によって可能となる。例えば成果をもたらす会議では参加者の発言数や発言している時間が均一であることが分かっている。こうした言われてみればそんなような気がするという事実を白日のもとにさらすことができるのも社会物理学の持つ力と言えるだろう。

効率的に機能する都市を考えることも社会物理学によって可能になる。アイデアが生まれやすい環境とは何か考えを広げていくことで、優れた都市のデザインも可能となる。

個人、集団、都市、そしてこれら全てを含む社会というものに対しても同様の手法を拡張していくことができると著者は考えている。そしてその過程で生じるであろう問題に関しても言及し、これから求められるであろうデータ駆動型社会の実現に向けて役立つことが数多く述べられている。

今まで明確に示すことができなかったことが、データ量の増大や新たな学問の登場によって明示することが可能になることがある。

世界を先導する人材でありたいならば、まずは本書でアイデアに関するアイデアを手にすることから始めよう。

今日のポイント

  1. テクノロジーのもたらす変化に常に注意を払うこと
  2. イノベーションをもたらすアイデアは正しい努力をすることで誰にでも得られる
  3. 未来をデザインするツールを持っておくこと

ソーシャル物理学:「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学

  • 著者:アレックス・ペントランド
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2015/9/17

 

モデルプロフィール

dei_profile
  • 名前:出居咲耶子
  • 生年月日:1993/12
  • 出身地:埼玉県
  • 職業:OL
  • 受賞歴:白百合女子大学ミスコン
  • 趣味:おいしい物を食べること、とくに肉!!
  • 最近の悩み:仕事で日々数字に追われている、、、!
  • 他リンク:http://withonline.jp/withgirls/members/withgirl036

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします