『ハーバード流宴会術』で無敵の幹事に

幹事を任されて困ってしまった経験はありませんか?

新入社員になったら、一度は幹事を任されることでしょう。不安を取っ払ってくれるよう
な指南書があればいいのに…。

そんな悩みを解決できる『ハーバード流宴会術』を知っていますか?

「ハーバード」×「宴会」という一見不釣り合いなワード。しかしこの本を通して、幹事の極意を楽しく学ぶことができるのです。

幹事を任され悩んでいる方、宴会を楽しむことができない方に特にオススメの作品です。
筆者の児玉さんはハーバード大学で学んでいた期間、学問とはまた別に「宴会を仕切る力」を身につけたそうです。

宴会とはビジョンを打ち立て、あらゆる準備を通し強いリーダーシップを持って本番を迎えるものです。(幹事を経験したことのある方はご存じかもしれませんね。)つまり、宴会術がリーダーシップ力と相互に関係していると言えるのです。

本書では、48もの宴会術が分かりやすく紹介されています。それらにより、リーダーシップ力など様々な力を知ることができます。それでは、印象的な3つの宴会術を紹介していきます。

1.参加者たちのパンツを脱がせること

inoue_1

パンチの利いたフレーズに戸惑った方もいらっしゃるでしょうか。ですが安心してください、履いてますよ!「心のパンツ」を脱がすのです(笑)。

では一体どういうことなのでしょう?
人間は誰しも、他者から認められたい欲求を持っています。たしかに、皆に注目されて自分を解放する時はとても気分が良くなりますよね。つまり、幹事は参加者各位が主役になれる「エアータイム」を設け、気配りをするのが理想的なのです。

例えば、テニスの錦織選手が世界で大活躍しているという話題で盛り上がっているとします。その場にはまだエアータイムも来ておらず、打ち解けていない新入男性社員がいたとします。その人の顔が錦織選手に少し似ているのであれば「似てるよね」とイジることができます。あるいは彼の趣味がテニスということを事前に知っていたなら、テニスの話題を振ることができますよね。

これは、参加者各位にスポットライトを当て、素の自分をさらけ出せるようにするためです。心のパンツを脱ぐことで、初めて参加者同士の信頼関係が築き上げられます。日本人なら誰もが持っている「おもてなし」と、誠意や楽しさを原動力として素晴らしい場にしたいものですね。

2.「場所決め」は間違えないこと

inoue_2

宴会は仕掛けが8割と言われており、お店の雰囲気・接客態度・料理の味・酒の種類全てが参加者に強く影響します。心を尽くしてお店選びしないと、この会を大切にしていないと思われてしまう恐れも。

とは言ってもどのようにすれば相応しいお店を予約できるのでしょうか。本書で出てきた具体例を見てみましょう。

①職場の「お局様」に早い段階から相談

お局様とは、いわゆる職場における母上的存在の女性のことです。このポジションの方には、どのエリアでやるかの相談を持ちかけるのです。それは、ご年配の方々が比較的帰りやすい場所を選ぶことが、彼女らへの気遣いとなるからです。この気遣いにより、彼女も主催者側に協力してくれるだけでなく、会に関する文句を言う人がいなくなるのです。お局様が決めた場所となれば、誰も何も言えません。

②職場の「姉御」に協力を仰ぐ

お局様の次は、姉御を味方につけましょう。姉御は実際にお店を沢山知っていますし、女性は食に対して好奇心旺盛なので協力してくれること間違いなしです。相談前に自分で3つほど候補のお店を調べていくのが良いでしょう。ただし、一人の姉御のバックには10人以上の女性たちがついているので、くれぐれも失礼のないように心がけましょう。

つまり、①②を通して言えるのは「キーパーソン」をできるだけ巻き込むということです。参加者に精いっぱいのおもてなしをすることは、懸命に任務を全うしている自分に対しても自信をつけられる上に気持ち良く仕切ることが出来るのではないでしょうか。

3.お店には必ず下見に行くべし!

inoue_3

幹事のように、リーダーとして動かなければならない時に必要なのが「現場」を把握することだと言われています。宴会にも同様に、ウェブサイトに載っている情報だけでは不十分と言えることが沢山あります。

例えば、女性への配慮としてトイレに立つときの動線は欠かせません。また、内部の機密性を保持するのに個室はどのような形になっているか、そして店員さんの接客が良いかは重要なチェックポイントです!(飲食店さんは、事前に訪問して店長さんに挨拶しておくと柔軟な対応をしてくれることが多いというのも覚えておきましょう!)

ただ会を進めるだけではなく現場に行くことで、発見が多く見つかることでしょう。「面倒じゃないか」と思っていらっしゃる方も、騙されたと思って是非実践してみて下さい。

手を抜いた宴会よりも、自分が全力を尽くして参加者に喜んでもらえる方がきっとためになります!

印象的な3つの宴会術を紹介しましたが、このほかにも外人の方を交えたパーティーでの術やパーティーにふさわしいゲームなど幅広く記載されています。面倒臭く大変な役割と思われがちな幹事ですが、事前準備をしっかり行う人こそが「あの人のいる宴会は楽しい」と思ってもらえるのではないでしょうか。

人としても成長する機会を与えてくれる『ハーバード流宴会術』。48個中3個知ったあなたは既に本物の幹事への道を歩んでいるのかもしれません。

さいごに、今回の書評を通して分かった「悩み解決3ヶ条」を見ていきましょう。

あなたの悩みを解決する3ヶ条

  1. 参加者全員が楽しむために、心のパンツを脱がせる配慮を!
  2. お店選びでは、職場の女性を巻き込め!
  3. 本番前には必ず下見を!

ハーバード流宴会術

  • 著者:児玉教仁
  • 出版日:2012/12/01
  • 出版社:大和書房

モデルプロフィール

inoue_profile
  • 名前:井上望
  • 生年月日::1993/11/25
  • 出身地::新潟県
  • 職種::東洋大学
  • 趣味::ご飯屋さんめぐり、映画鑑賞

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

WRITERこの記事を書いた人

高野 かおり

女子校10年目の大学4年生。ツボが浅く、笑いを堪えることができない。特技はiPhoneの早打ちと独唱と親父ギャグ。iPhoneの早打ちに関して、LINEを迅速に返すのでキモがられることも多々あり。好きな漫画『電撃デイジー』は私の人生におけるバイブル。