強いカラダ・ココロ・アタマをつくる『はたらく人のコンディショニング辞典』

強いカラダ・ココロ・アタマをつくる はたらく人のコンディショニング事典

  • 著者:岩崎 一郎 (監修), 松村 和夏 (監修), 渡部 卓 (監修)
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング
  • 発売日:2015/11/24

 

突然ですが、あなたは日々、「家事」をしていますか??

実は、「家事」は脳を鍛える練習場とも言えるもので、
週に5回以上料理をする男性は、しない人に比べて20%以上も死亡率が低いという研究結果もでているほどなのです。

このように、脳(アタマ)やカラダ、ココロのコンディションを高める方法を、トレーニング、栄養学、メンタルフルネス、脳科学の観点から、最新の研究結果をもとに解説しているのが本書です。

辞書というだけあって、

カラダを鍛えるヒントが37個。
アタマを鍛えるヒントが21個。
ココロを鍛えるヒントが16個も載っており、

今週ご紹介してきた「呼吸」や「瞑想」「食事」「運動」「睡眠」などにも、余すことなく言及しています。

仕事のパフォーマンス=能力×コンディションです。

カラダ・アタマ・ココロのコンディションを整えることで、毎日の疲れとサヨナラしていきましょう!

分刻みのアラームは逆効果!?カラダを鍛えるヒント

asai2

そもそも、「疲れ」ってどこからくるのでしょうか??

実は、体や心が疲れていると感じるとき、実際に悲鳴をあげているのは、「脳」なのです。

脳に存在する、身体の機能を調節する“交感神経”と“副交感神経”の崩れが原因で、「疲れ」はやってきます。

交感神経と副交感神経は、シーソーのような関係で、どちらかが優位になっている時、反対側の機能は低くなっています。

例えば、仕事や勉強に集中している時、交感神経が優位になっていますが、それが長く続くと、酸素を取り込む量が減ります。
その結果、血中の酸素濃度と血糖値が低下し、血行が悪くなる。部分的な体温の低下は「こり」にもつながります。

それを防ぐためにできることは、単純ですが、
「疲れる前に、副交感神経のスイッチをいれること」です。

1時間1回は休み、リラックスしたほうがよく、血行をよくするために歩行やストレッチ、酸素を取り込むために深呼吸がオススメです。

また、副交感神経は、消化・呼吸・排泄などを行うため、
食事をするときは、ゆったりとした気持ちで楽しみながら食べることが大切になります。

他に、朝起きたときに“まだ寝たりないなあ”というような感覚は、カラダが怠いということにも繋がると思うのですが、

そういった、目覚めた後にも続く残眠感を「睡眠慣性」と言います。

これは、睡眠中に、外部からの激しい刺激を感じたときほど起こりやすいです。
ですので、スマフォなどの目覚まし機能を使って、分刻みでアラームをセットしている方も多いと思いますが、それは逆効果ということです。

直観は、鍛えられる!?アタマを鍛えるヒント

asai3

脳は、思考・感情・五感・伝達・理解・記憶などの機能を司っています。

本書では、それらの視点から、アタマ(脳)を鍛えるヒントがたくさん紹介されていますが、今回は、「直観」についての研究をご紹介します。

直観とは、「どうしてかはわからないけど、こちらが正しいとわかる状態」のことです。

「ひらめき」は、理由を論理的に説明することができますが、「直観」はできません。

ただし、ある実験によって、直観は、当てずっぽうではなく、努力や経験、知識によって裏付けができることが分かりました。

その実験とは、プロ棋士と、トップクラスのアマチュア棋士に詰将棋の問題を問いてもらい、それぞれの脳活動をMPIで調べるということです。

その結果、プロの脳では、知覚に関する大脳皮質の楔前部楔前部と、直観的思考に関わる大脳基底核の尾状核の両方に、相関性が見られましたが、アマチュア棋士の脳にはそれが見られませんでした。

プロの脳には、盤面を瞬時に判断し、最善の一手を導き出す直観的思考のための神経経路があるということです。

カラオケでストレス発散できる理由・ココロを鍛えるヒント

asai4

現代のストレス社会で生活していると、心が疲れしまうこともあると思います。

そんな中、「カラオケがストレス発散になる」と聞いたり、実感したりした経験はありませんか?

それにもきちんと理由があります。

ひとつは、「カルタシス」という心の浄化作用が働いていること。
歌うことで、普段できないような自己表現をし、感情を開放することができるのです。

もうひとつは、呼吸法の考え方から見ても、歌うことは有効です。

asai5

通常、1分間に15~20回の呼吸が、歌うと1分間に10回程度のゆっくりとした深い呼吸になり、β-エンドルフィンなどの幸福ホルモンや、ドーパミンなどの快楽ホルモンが分泌され、自然とリラックスモードになれるのです。

ちょっとした時間にカラオケに行ったり、お風呂で歌ったりしてみてはいかがでしょうか!

こんなお悩みを解決!

  1. 毎朝「寝たりない」と感じてツライ⇒分刻みのアラームは止めましょう!
  2. 直観力を鍛えたい⇒直観力を鍛えたい分野について、知識を集め、経験を積みましょう!
  3. ストレスを感じる⇒カラオケで歌いましょう!
    ※すべて、科学的根拠に基づいています

強いカラダ・ココロ・アタマをつくる はたらく人のコンディショニング事典

  • 著者:岩崎 一郎 (監修), 松村 和夏 (監修), 渡部 卓 (監修)
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング
  • 発売日:2015/11/24

モデルプロフィール

  • 名前:浅井麻里
  • 生年月日:1988/6/25
  • 出身地:名古屋
  • 職業:フリーモデル、ブロガー、ライター
  • 受賞歴:WSD(早稲田)アイドルプロジェクト (一般ネット投票1位&審査員特別賞&グランプリ)
  • 趣味:ディズニーに行くこと(ランド&シーの年パス持ち3年目、カリフォルニアとハワイと香港のディズニーにも行きました!)、旅行
  • 最近の悩み:旅行好きで写真を撮りすぎて、ブログとかにアップする写真整理ができない!
  • Twitter:@v_Maari_v
  • Instagram:mari_asai_625
  • Blog:http://ameblo.jp/dear-you-from-mari/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

WRITERこの記事を書いた人

小島 佑依里

「歩く雑誌」を目指し中。インタビュー・留学・ボランティア等を通して、老若男女・国籍・障がいの有無関係なく、専業主婦から著名人まで様々な背景をもつ人々と交流してきた経験から、人の価値観・個性は違いどれもが素敵であると実感。“自分も相手も大切に”を軸に、気づきを促す記事を書いたり、人の魅力を文字、アート、五感で表現するセッションも行う。芸術鑑賞と美味しいものが好き。合言葉は「そんなのもありなんだ」!