情熱と才能を解き放つために 『第8の習慣 「効果」から「偉大」へ』

第8の習慣 「効果」から「偉大」へ

  • 著者:スティーブン・R・コヴィー
  • 出版社:キングベアー出版
  • 発売日:2005/4/23

 

「へとへとで消耗しきっている」
「余裕がない」
「才能が足りないのかもしれない」
「あれもこれも『至急』と言われて、イライラする」
「おせじや愚痴ばかりでやっていられない」

もしかしたらあなたも、こんな風に感じることがあるかもしれない。
「あなたの会社や組織で、ほとんどの人が社員として必要とされている以上の能力を持っている、または持っている能力を発揮させてもらえずにいる、そう感じている人はいますか?」と講演会で質問すると、ほとんどの人が手を挙げるそうだ。思うように活躍できない場合、感じるのはストレスだ。

mizutani1

「ボイス」
昨日紹介した「7つの習慣」では、あなたが主体的に行動し、物事を実行する力を飛躍的に高める方法を学ぶことができる。ただ、世の中の状況はどんどん複雑になっており、それに伴って、あなたの人生に生じる問題も、どんどん複雑になっていく。このような状況に対処するためには、自分の中の軸をしっかりと持つことが効果的だ。
つまり、現代の複雑な状況の下で、あなたの人生をより良いものにするためには、あなたの「ボイス」を発見する必要があるのだ。そして7つの習慣は、それを実現するためのツールといえる。
このボイスとは、自分の才能、良心、情熱、そして世界が必要としているニーズが重なり合う、あなたの内面の声だ。

mizutani2

あなたの「ボイス」を発見するためには、どうしたらよいだろうか。
本書では、自分のボイスを発見した人の例として、バングラディシュの、少額融資に特化しているグラミン銀行の創業者が挙げられている。創業者のムハンマド・ユーヌス氏は、人々がほんのわずかな融資が得られないために苦労していることを知り(ニーズ)、それを助けたいと考え(良心)、自分の可能なことを(才能)、様々な困難を乗り越えて実施した(情熱)。
ユーヌス氏は、はじめはビジョンなどなかった、と述べている。ただ、融資を必要としている人々を目にし、その要望に応えていくうちに、ビジョンが形を成してきた、というのだ。
ユーヌス氏がボイスを発見するために時間が必要だったのと同じように、あなたが自分のボイスを発見するためにも、時間が必要かもしれない。ゆっくりと、必要な時間をかけて発展させていく必要があるのだ。

では、ボイスを発見し表現するための、具体的な方法を見てみよう。普段あなたが演じている重要な役割を二つか三つ選び、次の四点を質問してみるのだ。
①あなたの周りに、どんなニーズがあるか?(家庭、地域社会、または職場で)
②自制心を持って適用すればそのニーズにこたえることができるような、真の才能が自分にあるか?
③そのニーズに応えることに情熱を感じるか?
④自分の良心が、そのニーズに献身的に関与し、行動することを促しているか?

これらの質問に対する答えに一つでも「いいえ」があるのならば、それはボイスではない。4つの質問に対する答えが全て「はい」であり、ニーズに応える行動を習慣にできるなら、それがあなたの人生における、真のボイスなのだ。ボイスに従って生きることができるなら、あなたの人生は意義深く、満足でき、偉大なものになる。

mizutani3

「模範になることと方向性を示すこと」

世界を変革するためには、まず自分自身が変わらなければならない。- ガンジー–

問題は、あなたの外ではなく、中にある。自分の感情の在り方を他人の欠点のせいにしようとすれば、あなたは精神的自由をその人に譲り渡してしまうことになる。そしてその人があなたの生活を台無しにし続けるのを許すことになる。つまり、過去が将来を縛ってしまうのだ。

「フォーカスと実行」
この本で見てきたことは、二つの言葉に要約できる。「フォーカス」と「実行」だ。
「フォーカス」とは最も大切なことに取り組むことであり、「実行」はその実現に取り組むことである。
知っているだけで実行しないならば、本当に知っていることにはならない。実行し、それを習慣にして人格の一部にしない限り、ほとんど価値はないのだ。最重要事課題にフォーカスし、何をどこまですべきか、チェックしよう。そして目標を具体的な行動に落とし込んで互いに責任を引き受け実行し、実現しよう。

私たちにはすばらしい価値と潜在的可能性があるのだ。自分のボイスを発見しよう。そしてそれにとどまらず、他の人々や組織、コミュニティがそれぞれのボイスを発見することに貢献して、偉大な人生を歩もう。

第8の習慣 「効果」から「偉大」へ

  • 著者:スティーブン・R・コヴィー
  • 出版社:キングベアー出版
  • 発売日:2005/4/23

モデルプロフィール

mizutani_profile
  • 名前:水谷花那子
  • 生年月日:1993/9/29
  • 出身地:大阪府
  • 職業:慶應義塾大学
  • 受賞歴:週刊ゴルフダイジェストビューティークイーン2016
  • 趣味:クラシックバレエ・スペイン語・ゴルフ
  • 最近の悩み:学生生活が終わること
  • Instagram:@kanakomizutani
  • LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/product/1324362

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

本to美女選書