後悔せずに死ねるか。『完訳 7つの習慣―人格主義の回復』

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 著者:スティーブン・R・コヴィー
  • 出版社:キングベアー出版
  • 発売日:2013/8/30

 

「死の床で自分の人生を振り返ったとき、もっと多くの時間をオフィスで過ごせばよかった、あるいはテレビをもっと見ればよかったと悔やむ人は、果たしてどれくらいいるだろうか」
著者のフランクリン・コヴィー博士がセミナーで質問すると、それに対して返ってくる答えは決まっている。
「そんなことを後悔する人はいない」
死の床にあって思うのは、仕事やテレビのことではない。家族や愛するもののことなのだ。
人生の中で、自分の最高の望みを達成し、最大の困難を克服したいならば、自分が求める結果を支配している原則や自然の法則を知り、それを適用しなくてはならない。
そのために、このような原則の含まれた「7つの習慣」を知り、それに基づいた行動をしよう。

7つの習慣とは

masubuchi1

私たちの人格は、習慣の総体である。習慣は私たちの人生に決定的な影響を及ぼす。習慣を効果的に使って、本当に望む人生を手に入れよう。
7つの習慣は、成長という自然の法則に従い、連続する段階を踏んで、個人の効果性、人間関係の効果性を高めていく統合的なアプローチである。自分の行動に責任をとらず、他人に責任を押しつける「依存」した状態から、自分の行動に自分で責任を持つ、「自立」した状態へ。そして自立した個人がお互いを尊重しあう「相互依存」状態へと至る、「成長の連続体」を導くプロセスなのである。

この本がもたらしてくれること
あなたが「変化の扉」を開き、「7つの習慣」に込められた原則を深く理解し、実践する決心をするならば、あなたは段階を踏みながら進化的に成長し、飛躍的な効果を得ることが出来る。自信を得て、うまくいかなくなっていた大切な人間関係を癒し、真の自立、効果的な相互依存を実践できるようになるのだ。「7つの習慣」を学び、変化と成長の扉を開こう。

7つの習慣は以下の通り。
第1の習慣 主体的である
第2の習慣 終わりを思い描くことから始める
第3の習慣 最優先事項を優先する
第4の習慣 Win-Winを考える
第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される
第6の習慣 シナジーを創り出す
第7の習慣 刃を研ぐ

7つの習慣のうち、特に重要なものをいくつか取り上げてみよう。

masubuchi2

第1の習慣 主体的である
「刺激と反応の間には選択の自由がある」

私たちは、自分の身に起こったことで傷つくのではない。その出来事に対する自分の反応によって傷つくのである。もちろん、肉体的に傷ついたり、経済的な損害を被ったりして、つらい思いをすることもあるだろう。しかしその出来事が、私たちの人格、私たちの基礎をなすアイデンティティまでも傷つけるのを許してはいけない。むしろ、つらい体験によって人格を鍛え、内面の力を強くし、将来厳しい状況に直面してもしっかりと対応する自由を得られる。
人生で体験することにどう反応するかが、もっとも大切なのである。
主体的になろう。責任は自分にある、反応を選択する能力が自分にある、と自覚することが、自分自身の効果性の土台となり、他の習慣の土台となるのだ。

第3の習慣 最優先事項を優先する
質問1
現在はしていないが、もし日頃から行っていれば、あなたの私生活に大きくポジティブな結果をもたらすと思うことをひとつ挙げるとしたら、それは何だろうか?
質問2
同様に、あなたの仕事や専門分野で、ポジティブな結果をもたらすと思うことを一つ挙げるとしたら、それは何だろうか?
第3の習慣では、「最優先事項の優先」、つまり変化と成長のための時間管理の方法を学ぶ。
横軸に緊急度、縦軸に重要度を記載した、時間管理のマトリックスを作ってみよう。

時間管理のマトリックス
第Ⅰ領域
重要かつ緊急
・危機的状況への対応
・期限のある仕事
・差し迫った問題

第Ⅱ領域
重要だが緊急ではない
・予防のための活動
・人間関係作り
・心身のリラックス

第Ⅲ領域
緊急だが重要ではない
・飛び込みの用事
・多くのメールや報告書
・無意味な付き合い

第Ⅳ領域
重要でも緊急でもない
・雑用
・暇つぶし
・快楽だけを追求する遊び

第Ⅰ領域に大きな時間をとられると、ストレスが溜まる。第Ⅲ領域や第Ⅳに時間を取られすぎると、無責任な生き方をすることになり、仕事を解雇されるようなことになるかもしれない。
大切なのは、緊急ではないが重要である第二領域に必要な時間を割くことだ。長期的な計画を立てることや、健康管理は第二領域に入る。人生を効果的に生きるために、時間の使い方を変えよう。長期的な計画をきちんと立て、健康でいることが出来れば、突発的に重要な事項が発生することを防ぎ、ストレスを減らしてより満足のいく人生を送ることができるようになる。自分にとって大切なこと、優先するべき事項を優先しよう。

masubuchi3

第4の習慣 Win-Winを考える
Win-Winとは、すべての人間関係において必ずお互いの利益になる結果を見つけようとする考え方と姿勢である。何かを決めるときも、問題を解決するときも、お互いの利益になり、お互いに満足できる結果を目指すことである。
自分が勝ち、相手が負けるWin-Lose、相手だけが勝つLose-Winでは、お互いに満足する結果を得ることはできない。Win-Winか、またはそれが出来ない場合には取引をしない、No-Deal。できる限り多くの場面で、自分も相手も尊重することのできるWin-Winの結果を得られるようにし、長期的に満足できる良い人間関係を築こう。

「繰り返しおこなうことは、たやすくなる」
人生の中心に正しい原則を置き、努力を続けていくと、効果的で有益な、そして心安らかな生き方ができる力がついてくる。それは私たち自身のためであり、私たちの後に続く者たちのためでもあるのだ。

7つの習慣を身に付け、行動を変えることができたなら、結果を変え、満足のいく人生を送ることができるだろう。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 著者:スティーブン・R・コヴィー
  • 出版社:キングベアー出版
  • 発売日:2013/8/30

モデルプロフィール

masubuchi_profile
  • 名前:増渕絵理
  • 生年月日:1993/7/3
  • 出身地:栃木県
  • 職業:会社員
  • 趣味・一言:映画鑑賞、海外旅行・仕事はIT企業のM&Aをやってます!
  • 最近の悩み:温室育ちが抜けられない
  • Instagram:@erinooooon

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします