【本質を掴む】「あなたを表現してください」の解決策! 『コンセプトメイキング』でやってみる、自分コンセプトの作り方

コンセプトメイキング

  • 著者:高橋宣行
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日:2007/11/15

 

たとえば、友達のことを紹介しようとするとき、「○○なヤツだよ」と一言で紹介することが多いと思う。では、自分はどうか。

 これについては、一言で説明するのが意外に難しいのではないだろうか。それは、言えることが頭に浮かびすぎるからだ、と僕は思う。

  人に親切にできる自分もいれば、少しずる賢い自分もいたりする。勉強はあまり好きじゃないけど、決して不真面目ではないと思っている。

 

家族や友達は知らない、いろいろな側面。自分について知っていることが多すぎるあまり、その全部を一言で説明するのは難しい。 

でも、就活という場においては、一言で説明しなければならない。難しいからといって、避けることはできない。それが、一度きりしか会わない(もしくは読まない)相手に自分をアピールするということ。

自分という人間を、一言で言い表す。そのヒントになるのが、『コンセプトメイキング:変化の時代の発想法』だ。

コンセプトとは何か? 

著者の高橋宣行は元博報堂の制作部長で、退社後はフリーのプラナーとしても仕事をしている。コンセプトと言う言葉はよく聞くが、意味はよくわかっていない、という人も多いのではないだろうか。

「コンセプトは、企画のへそ」

 つまり、企画の中心にあるものだ。言い換えれば、自分という人間の中心は何か、ということを考えることでもあるだろう。

では、どのようにコンセプトを作るか。それは、「自分の現状」と「社会(採用サイド)が求めていること」の交点を考えることにある。

自分と社会の交点を発見するということ


 コンセプトとは、「自分と社会をどうつなげるか」であるという。

そのつながりを発見できれば、あとはそれを少しキャッチーな言葉で表現できれば良い。 よく、キャッチーな言葉を先に考えようとする人がいる。それは順序が違って、まずは自分と社会をつなげる要素を、文章が長くてもいいから書き出してみるのが良い。

 

恥ずかしながらもし僕が自分のコンセプトを考えるなら、こんな感じだろうか。

 本書には筆者の解釈も元にした各社のコンセプトの成り立ちや、「自分のコンセプトをどう作るか」についても記載がある。まずはコンセプトの作り方を概念的に学び、名コンセプトを参考にしながら、最後は自分のコンセプトを考えてみる。

自分の中心が定まれば、言うことは自然と絞れてくる。ここまでくれば、あとはESも面接も、恐れるに足らず、だ。

コンセプトメイキング

  • 著者:高橋宣行
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日:2007/11/15

 こんなお悩みを解決

自分を人にわかりやすく伝えるためにはどうすればいいの?

→自分を一言で言い表す訓練をしてみよう。『コンセプトメイキング』の実例も参考にしながら、自分と社会の交点を見つけてみよう。

モデルプロフィール

  • 名前:みづき
  • 生年月日:1998年
  • 出身地:北海道
  • 職業:学生(法政大学)
  • 趣味・一言:バレエ鑑賞
  • 最近の悩み:東京が暑すぎる

(カメラマン:村井 優一郎)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

WRITERこの記事を書いた人

庭野蹴

同級生に同級生と見られない老け顔(両親譲り)眼鏡(父親譲り)の男性。お母さん方の井戸端会議によく顔を出しつつ、平和な青春時代を過ごす。 血のにじむような努力(とカロリー過多な食事)の末、早稲田大学に入学。授業に来なくなる友人を尻目にいそいそ学問に励む。結果、ちゃっかり論文で入賞したことも。また、(若さゆえ)関係各所に噛みつきながらフリーペーパーの制作もしていた。現在は社会人。