大学生の男女5人が紡ぐ、日常と非日常が重なりあう物語 『砂漠』

砂漠

  • 著者:伊坂 幸太郎
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2010/6/29

 

この記事を読んで下さっているあなたは、大学生でしょうか、社会人でしょうか。かくいう私は現在社会人ですが、中高生のときは「大学生」という言葉の響きだけで、とてもわくわくしたものです。しかし、実際に大学生になってみると、なんてことのない日常が待ち受けていました。『砂漠』も、なんてことのない日常の男女5人の大学生活の物語です。

 でもそこには、伊坂幸太郎だからこその、「特別」が少しずつ散りばめられています。そうそう大学生ってそうだよね、という日常と、え?そんなことってある?という非日常のバランスが巧妙で、まるで自分自身が物語の主人公になったようにどんどん引き込まれて行きます。

今回はそんな不思議で、とても魅力的な『砂漠』の場面をいくつかご紹介します。

その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ。

moe1

この物語の主人公は北村という、どこにでもいそうな、常識的な青年です。彼の視点で物語は進んで行きますが、中心人物の5人それぞれがとても魅力的に描かれています。そんな物語の中で、主人公以上に異彩を放ち、強く心惹かれるのが西嶋です。彼は、いわゆるクラスコンパ、大学の初めてのみんなでの飲み会に遅れて参加し、突如演説を始めます。演説も長くなり、周りがあきれ始めた時、彼はこの言葉を口にします、「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ。」と。

 

大学入学時に皆が経験するコンパという日常の風景の中で、西嶋の発言は宙に浮いたような違和感を与え、非日常の景色を想像させます。誰かの日常を覗いていたはずが、一気に物語が動き出す、そんな予感がする言葉です。

「西嶋、僕たちは世界を変えるどころか、シェパード一匹助けられないじゃないか。」

moe2

ある日北村は彼女から、やりきれない話を聞かされます。市が運営する動物管理センターのホームページをたまたま覗いてしまった際に見かけた、ページの一番最後にひっそりと書かれた、保護期間が今日までだったシェパードの話を。切ないと心から思うのに、何も出来ないことに北村は、どうしようもないやりきれなさを感じます。

 

しかし、全ての犬を救う事はできないし仕方のないことだと、まるで自分に言って聞かせるように、彼女にも言葉を紡ぎます。世の中はやりきれないことで溢れていて、私たちにはあまりにも非力だと、そんな感情が心を占めていく、自らの日常を重ね合わせてしまうシーンです。砂漠に雪を降らせられると言った西嶋の言葉は、ただの理想論で、現実の僕たちは消えゆくシェパードの命一つ救えないのだと、己の無力さに打ちひしがれます。

「ピンチは救うためにあるんでしょうに」

moe3

ある日、相談があると西嶋に呼び出された北村は、西嶋がシェパードを連れていることに気づきます。聞けば、北村の彼女が見ていたHPと同じ物を西嶋は見て、ピンチを救うべくシェパードを引き取ったとの事でした。北村は、今回はこの命を救えたが、お前はこれからも保護期間がすぎた犬を救い続けるのかと西嶋に問いかけます。西嶋はあっけらかんと、「まさか。どうして俺が全部の犬を助けなくちゃいけないんですか。」と答えます。たまたまHPを見てしまったから、このシェパードは助けたに過ぎないのだと。

 

 あまりに大きな世界や社会を前に、やりきれない出来事を見過ごすしかない日々に、彼はこんなにも「目の前」にこだわり、「自分の手の届く範囲で」救おうとするのだと、衝撃を受けました。出来ない事に目を向けすぎた故に動けなくなってしまっていた自分の背中を、そっと押してくれた作品です。

 

このエピソードは小説『砂漠』の、ほんのひとかけらにすぎず、犯罪に巻き込まれてしまうとか、その犯人を捕まえようとする、とか、物語を動かしていくもっと大きなエピソードがたくさん盛り込まれています。しかし一貫して、彼の真っ直ぐさは変わらず、周囲の人も少し変化していきます。

 

あるある、という日常と、それはないでしょ、という非日常。心から笑えるのに、少し涙したりもする、『砂漠』。ただ時間を潰すためだけでなく、明日からまた前を向く勇気を得るために、この作品にぜひ触れてみてほしいです。

 

砂漠

  • 著者:伊坂 幸太郎
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2010/6/29

 

モデルプロフィール

moe_profile
  • 名前:もえ
  • 生年月日:1994/10/27
  • 出身地:静岡県
  • 職業:美容系
  • 趣味:美容、料理
  • 最近の悩み:すぐに酔っぱらってしまうこと

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

WRITERこの記事を書いた人

渕田 悠子

アッパー系な会社に勤めながらもインドア派を貫く社会人3年目。本の虫だった母の影響で、幼少期からの趣味は読書。読むのはもっぱら小説と漫画で、今のお気に入りは大好きな後輩におすすめされた、よしながふみ先生の『フラワー・オブ・ライフ』と、会社の先輩におすすめされた原泰久先生の『キングダム』。二作とも、私の心を震わせまくった作品です。 皆さんに、心が震える最高な本との出会いを提供できればと思ってます。