人生の花ざかりは自分次第だ 『葉桜の季節に君を想うということ』

葉桜の季節に君を想うということ

  • 著者:歌野 晶午
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2007/5

起床は毎朝5時。
フィットネスクラブで身体を鍛え、
毎日のように女性と関係を持ち…
充実した日々を送る自称「何でも屋」の主人公・成瀬将虎。
もっと夢を叶えたい。恋したい。
人生の花ざかりは自分次第なんだ!
そんなアクティブなヒロインを、あなたはどう描きますか?

ストーリーのあちらこちらに散らばるトリックに
あなたはきっと騙される!!
再読必須のミステリー本です。

~出逢い~

nitta1

毎日テレクラ・出会い系サイトなどで毎日のように女性と関係を持ち続ける将虎。
しかし、求めているような人には一向に出会えませんでした。
欲しいのは身体の関係や援助相手ではない。
もっと深く… 心と心でつながるような、そんな運命の女性。

そんなある日、将虎はホームで自殺しようと線路に飛び込んだ女を助けます。
それが麻宮さくらとの出会いでした。

自殺未遂者とそこに居合わせた通行人。
その場かぎりと思われるような出逢いが2人の運命を変えていきます。
いつの間にかさくらに惹かれていた将虎。
2人の人物像を思い描きながら物語を読み進めていくと
さらに本書の面白さを味わえるはず!

~久高隆一郎の死~

nitta2

ある日将虎は、後輩で高校生のキヨシが惚れた女・久高愛子の相談を受けます。
それは愛子の父で資産家の久高隆一郎の死に関することでした。
100万円の布団や2万円の水を地方各地で売りつける怪しい企業『蓬莱倶楽部』。
隆一郎は死亡する数年前からこの蓬莱倶楽部の商品にのめりこみ
多額の借金を抱えた挙句、交通事故で死亡してしまったのです。
その後、覚えのない保険金の話に愛子は蓬莱倶楽部の保険金詐欺を疑ったとの話でした。
将虎が以前探偵事務所で働いていたことを知り、疑惑の裏付け調査を依頼したのです。
その後様々な手を使い、
相手の本陣を突き止めて乗り込んだ将虎とキヨシ。
しかし蓬莱倶楽部の人間に見つかって捕えられ、危機的状況に・・・
その時、火災報知器のベルが作動。
2人のピンチを救ったのは… 麻宮さくらでした。

一見全く接点がないと思われる麻宮さくらと蓬莱倶楽部。
ここでさくらが意外な登場を見せることで、
物語はさらに深い謎に包まれていきます…
将虎のアクティブな探偵ぶりに注目!

衝撃の結末!

nitta3

将虎が侵入した蓬莱倶楽部の本部で見つけた、とある保険証書。
そこには数年前に死亡したはずの人間“安藤士郎”の名前が。
そして、その保険金の受け取り人は…?!

章によって、視点や時代が行ったり来たりする構成で
どうまとめてくるのかと思いきや
最後の最後で明らかになる衝撃の事実!
全ての伏線を上手く回収しつつ、
自分がとんでもない思い込みをしていたことに気づかされるかも。

また、人生の花ざかりは自分次第だ!というような
将虎のアクティブな生き方に魅了される人も少なくないはず。

作者が仕掛けたトリックをあなたは見抜けるか?!
物語の結末を知ったとき、もう1度読み返したくなること
間違いなし!!!

葉桜の季節に君を想うということ

  • 著者:歌野 晶午
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2007/5

モデルプロフィール

nitta_profile
  • 名前:新田友香
  • 生年月日:1994/10/18
  • 出身地:神奈川県
  • 職業:学生
  • 受賞歴:2017ミスユニバース神奈川TOP6/ミスブライダルモデルコンテスト全国大会出場
  • 趣味・一言:応援よろしくお願いします♡
  • 最近の悩み:1日ゴロゴロできない
  • Twitter:@yu_kap_
  • Instagram:@n.yukapi

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします