東大・京大生が憧れる90代のアイデアマン!外山滋比古『こうやって、考える。』から発想力を学ぼう。

良いアイデアは、どうやれば浮かんでくるのでしょうか?「明日までに企画書を書かなければならない」「論文のネタが思いつかない」、「大事な時に限って、いくら考えても何にも頭に浮かばない……」。このような経験、みなさんも一度はあるのではないでしょうか?

もしかして私、頭が固くなってる?そう思い始めた方にオススメしたいのが、この本、『こうやって、考える。』(PHP研究所)です!著者の外山滋比古さんは、現在94歳のおじいちゃん。「お年寄りの書いた本なんか参考にならないんじゃ…」、と思った人はちょっと待ってください!

 外山さんは、「思考法」についてのベストセラーを何冊も出している有名な先生で、年齢を問わず、数多くの人に愛されている超人気作家です!名前は知らなくても、「東大・京大で一番読まれた本」として200万部を超えるベストセラーとなった代表作、『思考の整理学』(ちくま文庫)の名前なら聞いたことがあるという人は、多いのではないでしょうか?

こうやって、考える。

  • 著者:外山 滋比古
  • 出版社:PHP研究所
  • 発売日: 2017/8/19

愛読書は作ってはいけない!?

 
本書は、そんなベストセラー作家・外山滋比古さんがこれまでに書いた膨大の著作の中から、発想力や思考力を最大限に発揮するためのヒントとなる部分を厳選してまとめた一冊です!

1ページにつき1項目にまとめられているから、さらりと読める。その上、心に残り、頭を刺激してくれる名文が揃っています!

たとえば、「本の読み方」。これひとつをとっても、外山先生の考え方は、私たちにとても新しい視点を提供してくれます。

愛読書は作らない

読書、大いに結構だが、生きる力に結びつかなくてはいけない。新しい文化を創り出す志を失った教養は、不毛である。

よりよく生きるため、新しいものを生み出す力をつけるために本を読む。有用な知識は学ぶが、見さかいがなくなるようなことがないよう自戒する。著者、作者に対する正当な敬意は当然ながら、とりこになったりすることは避ける。真似て似たようなことをするのは美しいことではない。むやみに愛読書をこしらえ得意になるのは弱い精神である。(P128)

本当の意味で何かを「発想」したいのであれば、本を読みつつも影響を受けすぎてはならない。愛読書は作らないという外山さんの考え方は、もしかしたら本好きな、みなさんこそ、気を付けなければならないポイントかもしれませんね。

「本当に頭の良い人」は、どんな友達を持っているのか


読書法や勉強法の他にも、生活面からもアイデアを得るためのヒントが沢山紹介されています。たとえば人との接し方について、外山先生はこんなことを言っています。

聞き上手とほめ上手を味方につける

聞き上手と言われる人は、少ないけれどもいるにはいる。そういう人に対して、われわれは不思議な親近感と信頼感をいだく。その人の前だと普段思ってもみないようなことを思わず口に出したりするものである。

ほめてくれる人は、聞き上手よりさらにいっそうアイディアのよき助産者になる。思考グループにはなんとしても、こういうはたらきをするメンバーがふくまれていなければいけない。(P160)

凄く頭の良い人に相談しても何のアイデアも浮かばなかったのに、リラックスして話せる友人と雑談していたら、突拍子もなく思ってもいなかったアイデアがバンバン浮かんできた!なんてことは、言われてみればよくあることかもしれません。

「アイデアが沢山思い浮かぶような人間関係」をどれだけ身の回りに用意することが出来るか。「知の巨人」と呼ばれる外山さんは、そこまで考えているんですね!

大人になって固くなってしまった頭を解きほぐそう!


『こうやって、考える。』では、以上のような外山滋比古流の思考のヒントが150個収録されています。

この他にも「無意識を使いこなす」「頭以外を使う」「比喩で思考を節約する」など、気になるヒントがもりだくさん!

「最近頭が固くなってきたような気がする」「全然良いアイデアが浮かばない」。そんな時は、ちょっとした空き時間に気になったページをめくってみてください。思いがけないステキなアイデアが浮かんでくるかもしれませんよ。

(寄稿:PHP研究所)

こうやって、考える。

  • 著者:外山 滋比古
  • 出版社:PHP研究所
  • 発売日: 2017/8/19

モデルプロフィール

  • 名前:五十嵐 友泉
  • 生年月日:1997/7/12
  • 出身地:東京都 渋谷区
  • 職業:学生 帝京短期大学
  • 受賞歴:すっぴんGirl’sアンバサダー 2期生 グランプリ
  • 趣味:ミュージカル観賞
(カメラマン:Kikuchan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします