結果だけを見て心配していませんか?『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』

Potter_top

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ

  • 著者:齊藤正明
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ
  • 発売日:2009/2/21

マグロ船と聞くと、どのような印象を持つでしょうか。

「過酷」、「借金のカタ」、「行くあてのなくなった人の仕事」、「事故の多い仕事」と、ネガティブな印象を持っている人も多いはず。

しかし、実際のところはどうなのか。興味はあっても知る機会がありませんよね。この本を読むと、マグロ船の世界にどっぷり浸かることができます。

民間企業の研究所で、マグロ船のためにマグロの「鮮度保持剤」を開発中であった筆者は、開発が上手くいっていないことから上司に「マグロの全てを知るために、マグロ船に乗ってこい」と言われます。

この本は、筆者がマグロ船に乗せられた時のお話です。

様々な体験の中で生まれた、マグロ船漁師たち特有の持論は、非常に興味深く説得力のあるものばかり。

乗船体験の中で、物事の受け止め方ひとつ、考え方ひとつで、ストレスとうまく付き合い、自分を追い込まずにいられるようになったキッカケが沢山描かれています。

ここでは気になったいくつかを紹介していきたいと思います。

結果だけがすべてじゃない

Potter_1

鮮度保持剤の開発を成功させたいが、できなかったらどうしようという不安とプレッシャーで気持ちが沈んでいた筆者を見て、船長は言います。

「結果を気にするのは仕方がねぇ。でも、結果に気を取られすぎるともったいねーんじゃねーか?」

もったいないとは、どういう意味でしょうか。

船長に尋ねた答えは、

「結果ばかりにこだわると、その途中にある、おもしれーもんや、役に立つことを見逃すんど。俺にはそれがもったいないように思う」

本書では、マンタのジャンプを例にその意味を分かりやすく説明しています。

「『結果』ばかりに気に取られると、その途中で見られるはずだった、いろいろなおもしれーもんを見逃すんど。この途中にあるおもしれーもんは、後で役に立つこともいっぱいあるんど」

とのことですが、実際に起こりうるマグロ船での出来事(マンタのジャンプ)を例に言われると妙に説得力があります。

私は、結果が一番と考える人間で、「負けたら終わり」と自分を追い込んでいくタイプの人間です。

たしかに、その結果多くの気づきを見逃していたのかもしれません。

結果ばかりに気を取られないのと、結果を気にしないというのはまた違うので、非常に難しい心理状態だと思いますが、

これから少しずつ意識して、途中にあるおもしれーもんや、役に立つことを見つけてみようと思います。

皆さんの中で私と同じような追い込み型の心理状態を作っていくタイプの人は、意識してみてください。

何事も「対」でできている

Potter_2

もうひとつ記憶に残ったエピソードを。

マグロ船のように何日も漁をしていると、晴れの日もあれば雨の日もあります。

外で作業を行う人にとって当然雨は好ましくないもの。

とある大雨の日、気分は落ち、暗い気分と表情になった筆者は、そばにいた漁師に

「何で雨が降るんですかね、本当に嫌ですね」と話しかけます。

すると、漁師は

「そうか?雨が降っている方が涼しくてええ」

とやたらポジティブな答えが返ってきました。

「雨も大事なんど。毎日晴れてみよ。海がひからびて魚がおらんようになる」

は非常に究極的な考え方ですが、

要は、

「地球はの。全部対でできちょる。『雨と晴れ』、『海と空』、『男と女』、全部2つで1つじゃ。これはの、人の気持ちじゃて同じこと。『前むきなとき』ばかりではなく、『後ろ向きなとき』も大事じゃ」

とのこと。

これまで、『後ろ向きなときも大事』と言われたことはあるでしょうか。

私は初めてでした。

さらに漁師は言います。

「後ろ向きになるちゅーのは、危険を感じる能力ど。いつでも前向きな人やらが船長をやると、絶対無茶しよるから船があぶねーんど。それにの、後ろ向きになることがあるやつでないと、落ち込んでる人の気持ちやらがわらかんど」

妙に説得力のあるセリフで私の頭に残っています。

時には消極的に考え、後ろ向きになることがないと、人の気持ちを理解することができないということは、非常に納得できました。

みなさんの中にも、落ち込んだり不安になったりすることがあると思いますが、決してそれは悪いことではないのだと思えてきます。

ここでの紹介はこれくらいにしておきますが、

マグロ船でのリアルな体験から語られる船長らの持論の中には、ストレスとうまく付き合い、今よりもよりよく日々を過ごすための生き方のヒントを得るものとして、心に刺さるものがあると思います。

この本を読んで、素敵な漁師に囲まれたマグロ船に乗船してみてください。

お悩み解決3ヶ条

  1. 過程のなかにこそおもしろいものが隠れている
  2. 後ろ向き、をポジティブにとらえてみる
  3. 成功だけを知っているリーダーは失敗しやすい

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ

  • 著者:齊藤正明
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ
  • 発売日:2009/2/21

モデルプロフィール

Potter_profile
  • 名前:ポッター英実里
  • 生年月日:1996/11/24
  • 出身地:東京都
  • 職業:慶應義塾大学
  • 趣味:いろいろな人の話を聞くこと
  • 一言:”let it be”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Myコーデ

WRITERこの記事を書いた人

一女

読者の皆様、こんにちは。一女(ひとめ)と申します。東京大学大学大学院で脳神経科学の研究をしています。 座右の銘は「不易流行」、意識的に新しい知識や考え方に触れるために、主にエッセイを愛読しており、「本to美女」を通して皆様に何かの”キッカケ”を与えられればと思っています。宜しくお願い致します。