愛ゆえの行動 『幸福な食卓』

幸福な食卓

  • 著者:瀬尾 まいこ
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2007/6/15

家族愛って、何だろう。

使い勝手のいい言葉ほど、定義は不明確であることが多い。

ビジネスの場なら「かなり良い条件」も、「何に比べていい条件なの?」とか「今だけでなく今後もいい条件で取引してくれるの?」とか、「かなり」の中身も厳密に定義しておくことが求められる。

同じように、愛とか平和とか、そういった壮大(に思われる)な言葉についても、定義はあえてあいまいにしておくことが多いように思う。

だから、今一度あえて考えてみたい。
「家族愛」って、何なのだろうか、と。

愛ゆえの行動

inaba1

題材は瀬尾まいこ『幸福な食卓』。
中学三年生の主人公は元神童の兄と、父親を辞めることを宣言した父親と三人で暮らしている。
母親は家を出ていったが、兄妹ともども仲がいい。

家族全員、関係は決して険悪ではなく、のびのびと過ごしている。
これだけ見れば、ごく幸せな家庭に見えるかもしれない。
しかし、今の姿は、ある出来事をきっかけに大きく変わってしまったものだった。

一見すればバラバラに見える家族だが、実際は強い絆で結ばれている。
だからこそ、主人公の家族は、お互いを思い合い、あえて家族の役割を捨てることが、皆の幸せを実現するために必要であると判断した。

役割を捨てることも、お互いの幸せを願う一つの家族愛かもしれない。
入ってほしくない心の領域にも、濃い関係であるからこそ、無遠慮に入られてしまうことがある。
家族だから触れる部分もあるが、触れられて嬉しいとは限らない。
無意識に触れてしまうことが、相手を傷つけていることもあり、その事実が自分を苦しめるときもある。

だから、主人公の家族はそれぞれの役割を放棄することを選んだ。

inaba2

ただ、一方でどんな状況であろうとも自分を愛し、守ろうとしてくれるのも、また家族だからこそなのかもしれない。

物語の終盤、主人公にある事件が起こる。家族にも冷たい言葉を浴びせてしまう。
友人にはなんとか、気を使うことができるのに、家族に対しては止めることができない。

それでも家族は、主人公を気遣うことを忘れなかった。

この意味を、どうとらえるか。
主人公は、兄の恋人に諭されて、家族へもう一度向き合いなおす。
主人公の答えは、本書を実際に読んでほしい。

そして、ぜひ自身でも家族の愛とは何か、読み進めながら考えてみてほしい。
凄く近いのに、肝心な時は何を考えているかわからない遠さ。そのもどかしさが、家族愛なのかもしれないと私は思った

こんなお悩みを解決

inaba3

家族への愛情はどのようにあるべきか
⇒あえて不干渉であることも、過剰なくらい構ってくることも、家族愛といえる。自らがつらい時の家族の接し方が、あなたの家族が持っている愛情の在り方かもしれない。

幸福な食卓

  • 著者:瀬尾 まいこ
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2007/6/15

モデルプロフィール

inaba_profile
  • 名前:稲葉柚香
  • 生年月日:1994/1/8
  • 出身地:静岡県
  • 職業:フラワーアレンジメント
  • 受賞歴:2016年TBS「恋んトス」シーズン4いなっち、講談社with読者モデル
  • 一言:テニスの王子様が大好きです
  • Twitter:@zuyu111
  • Instagram:yuzu_kaori123

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Myコーデ

WRITERこの記事を書いた人

庭野蹴

同級生に同級生と見られない老け顔(両親譲り)眼鏡(父親譲り)の男性。お母さん方の井戸端会議によく顔を出しつつ、平和な青春時代を過ごす。 血のにじむような努力(とカロリー過多な食事)の末、早稲田大学に入学。授業に来なくなる友人を尻目にいそいそ学問に励む。結果、ちゃっかり論文で入賞したことも。また、(若さゆえ)関係各所に噛みつきながらフリーペーパーの制作もしていた。現在は社会人。