『第七感 運命を変える不思議な力』現代医学と「気」の両立を目指して

第七感 運命を変える不思議な力

  • 著者:さだじぃ。
  • 出版社:晋遊舎
  • 発売日:2015/10/10

科学では証明できない「気の力」。けれども、その効果は確かなもの。

marika1

最初、この本を読むと、

「こんなことが本当にあるのか?」
「怪しい」
「嘘じゃないか?」

と、疑いたくなる人も出てくるかもしれません。

なぜなら、著者のさだじぃさんは、不思議なことに、突然、手から出る「気の力」に目覚めて、その力を使って全国各地で施術を行っているというのだから・・・。

私も最初は、謎の「気の力」というものを信じることができませんでした。

しかし、読み進めていくうちに、どうやら本当だということが分かります。

科学の時代に生きる私たちにとっては、疑う人のほうが最初は多いかもしれませんが、

読めば誰しもが、人間のもつ神秘的な力に、驚くことでしょう。

科学的な根拠は解明されていませんが、さだじぃさんの「気」を受けると、実際に、数々の良い結果が生まれています。

痛みがなくなったり、病気が改善したり、中にはすっかり良くなってしまう人もいたり。

また、「気」の流れをよくすることでパフォーマンスがあがり、アスリートなら、持てる以上の力が出せたり、経営者であれば的確な判断ができるようになったりする人もいるそうです。

実例をあげると、2014年の高校野球、夏の甲子園大会では出場校49校のうち、8校はさだじぃさんが「気」を教えたり施術で関わったチームです。
2015年春の選抜では甲子園出場の5校がそうです。ちなみに、さだじぃさんが1つの県で2校以上を指導することはないそうです。

さらに、毎年行われるプロ野球団体のドラフト指名でも、さだじぃさんの関わった選手が、毎回8~10名選ばれ、大学野球では、さだじぃさんが関わった駒澤大学、亜細亜大学、桐蔭横浜大学が2014,13,12とそれぞれ神宮大会で優勝。
社会人チームでも、市民球団「かずさマジック」がチーム結成以来初めて、2013年の日本選手権で優勝しているそうです。

医者が驚くようなケースもあります。

marika4

顔面麻痺で顔の半分が垂れしまった女性が、元通りの顔に戻ったり、

子宮頸がんが4回の施術できれいになくなってしまったり、

ミトコンドリア病という病気でほとんど目が見えなかった人が、ぼんやりとものの形や光が分かるようになったりと・・・。

さだじぃさん自身も、この「気の力」の正体を知りたいとおっしゃっています。

科学的に説明できなくても、事実として「気の力」が多くの人の健康や幸せのために役立っている。

その評判が口コミで広がり、今では月にのべ6000人以上の方が、全国でさだじぃさんの施術を待っています。

「気」とはいったい何なのか

marika2

様々な文献を当たっても、「気」の正体はよくわかりませんでした。

ただ、「気」や「気のようなもの」に言及している資料は昔からあり、誰もが昔は、五感・六感と同様に、そのような力を持っていたのではないかと言っています。

実際に、さだじぃさんの「気」の施術や授業を受けた人には、「気」の力が開花したり、空気中に「気」(キラキラとした光る粒)が見えるようになったりした人もいます。

「気」を集めることで、ラッキーを掴む

marika3

野球部員や経営者など、数々の人々に「気」の施術や授業をする中で、驚くことに、彼らの運気までもがUPするということが起こりました。

さだじぃさん曰く、「気」は「ラッキー」という衣をまとって、人の周りを飛んでいるのではと考えているそうです。

だからこそ、まずは「気」をたくさん集めて、「ラッキー」という置き土産を取り逃さないように意識することが大切です。

「気」の集め方を本書より引用
※本書では、写真付きで紹介しています

⑴ 立って肩幅に足を開き、両腕はだらんと下にたらします。
⑵ 鼻から息を吸い、口から吐いて、深呼吸。リラックスします。
⑶ 手のひらを広げて上に向け、おへそのあたりに持ってきます。
⑷ 手のひらとおへそを意識しながら、左右に2~3センチ、ゆっくりとスライドさせます。それを何回か繰り返します。できるだけゆっくり動かしたほうが感じやすいはずです。
⑸ 手のひらに何かまとわりつく感じ、あるいはもぞもぞ(ピリピリとかチクチクと感じる人もいます)する感じがあったら、「気」が集まってきた証拠です。長く正座していたときに足がしびれるピリピリした感じが1番近い感覚です。
⑹ 手のひらを見てみましょう。サラミのように白と赤のコントラストがはっきりしてきたら、「気」がかなり集まっています。
⑺ そのまま手のひらをみぞおちあたりまで移動させ、見えないボールを抱えるように向かい合わせにします。
⑻ 手をそれぞれ逆方向にひねります。中の「気」をこねるイメージです。「気」が集まって濃くなっていくのがわかります。手の中に綿菓子のようなものがある感覚がしたり、手を近づけようとしても弾力があるものにはね返される感じがする人もいます。
⑼ 手をゆっくり離して、「気」を引っ張ります。粘りけのあるものを伸ばしているイメージです。「気」がどんどん集まってきて、十分たまった状態になります。。

最も大切なのは、「気」の存在を知るということ。

理屈ではない「気」の存在と、現代医学のどちらも利用するのが、賢いやり方だと思います。

こんなお悩みを解決!

  1. 現代医学ではなかなか治らない、身体の不調を持っている
    →さだじぃさんをはじめとする、「気」の使い手、またその効果が実際に“ある”ということを知る。
    実際に施術を受けてみる。(初めは疑わしく思いながらも、その効果を目の前で見たり、体感したことで納得された方もたくさんいるそうです)
  2. 運気をUPして、精神的にも健康になりたい
    →上記の方法で、「気」を集めるということをしてみましょう

第七感 運命を変える不思議な力

  • 著者:さだじぃ。
  • 出版社:晋遊舎
  • 発売日:2015/10/10

モデルプロフィール

marika_profile

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

本to美女選書

WRITERこの記事を書いた人

小島 佑依里

「歩く雑誌」を目指し中。インタビュー・留学・ボランティア等を通して、老若男女・国籍・障がいの有無関係なく、専業主婦から著名人まで様々な背景をもつ人々と交流してきた経験から、人の価値観・個性は違いどれもが素敵であると実感。“自分も相手も大切に”を軸に、気づきを促す記事を書いたり、人の魅力を文字、アート、五感で表現するセッションも行う。芸術鑑賞と美味しいものが好き。合言葉は「そんなのもありなんだ」!