『FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学』他人の本心を知る

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

  • 著者:ジョー ナヴァロ (著), マーヴィン カーリンズ
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2012/12/5

 

FBI捜査官は、殺人事件の容疑者を尋問していた。その男は、第一容疑者ではない。ウソはついていないように見えた。
「もし、きみが犯人だったなら、銃を使ったと思うか?」
「もし、きみが犯人だったらナイフを使ったと思うか?」
質問がアイスピックに及んだ時、男がまぶたを下げて視線を落としたのを捜査官は見逃さなかった。犯人しか知りえない、凶器の情報。結局この反応が決め手となって捜査の重点が変更され、やがて男は犯行を認めた。

kushiyama1

熟練した観察眼は、相手の行動、言葉以外のコミュニケーションである、ノンバーバルコミュニケーショから、心を読み取ることができるのだ。
今日紹介する『FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学』では、顔の表情や身振り、身体の動きなどから相手の本心を読み取る方法をわかりやすく伝授してくれる。その知識は、仕事やプライベートで周囲の人との円滑なコミュニケーションを助け、人生をより豊かなものにするのに役立つだろう。
一般的な知性の持ち主なら誰でも、ノンバーバルコミュニケーションを学んで自分に磨きをかけられる。ただ、それには努力が必要だ。
学ぶときには、以下のことに注意する必要がある。
1、身の回りを的確に観察すること
2、前後関係に沿った観察が、ノンバーバル行動を理解する鍵となる
3、普遍的なノンバーバル行動を見分けて解読する
4、特異なノンバーバル行動を見分けて解読する
5、人と接するときには、相手の基準となる行動を把握する
6、複数の手がかりに、いつも注意する
7、思考、感情、関心、意図などが変化したことを示す、相手の行動を探すことが大切
8、見せかけや、紛らわしいノンバーバル・シグナルを見抜くことも重要
9、快適と不快を見分ける方法を知れば、ノンバーバルコミュニケーションを解読するのに最も重要な行動に焦点を当てられる。
10、相手の観察は、さりげなくする

それでは、どのような動きから何を読み取ることが出来るのか見てみよう。

足のメッセージ

kushiyama2

体の中で最も正直な部分はどこだろうか。
答えは、「足」である。原始の時代から、人間は危険や脅威に対して、考えなくても即座に足が反応し、止まる、走って逃げる、などすることで生存し続けてきた。この古くからの反応は私たちにしっかりと組み込まれている。それゆえ何か危険なものが近付いたり不愉快に感じることがあったりすると、先史時代と同様に、足が反応してしまうのだ。
通常人が相手の心を読み取ろうとするときには、相手の顔から観察を始め、上から下へ焦点を移動させていくことが多い。しかし、虚勢を張って本心を隠すために一番よく利用されるのが顔である。人は小さいころから顔で嘘をつくことを要求されるからだ。「そんな顔をしないで」「楽しそうな顔をしておいてね」。嘘に熟練した顔の表情を読み取るよりも、足を観察しよう。FBI捜査官の著者は、最初に容疑者の足に注目し、最後に顔の表情を読み取るようにしている。あなたも、人の本心を知りたいのであれば、まずは足の動きに注目してみよう。

例えば、嬉しいことがあると、足は喜びのあまり小刻みに動いたり、跳ねたりしてしまう。
もし、あなたがある二人の会話に加わるべきか悩みながら挨拶をしたなら。会話に加わるかどうか判断するために、彼らの足を観察しよう。
人は、不愉快なものから身体の向きをそらす傾向がある。あなたに挨拶を返した相手が、足もこちらに向けて動かしたなら、歓迎の様子は本物だ。しかし足をまったく動かさずに、上半身だけこちらに向けて挨拶したのなら、挨拶だけにして退散した方が良い。
少なくとも今は、あなたに会話に加わって欲しくない、と思っているのだ。話をするのは次の機会にしよう。

手の緊張は重要なメッセージを伝える

kushiyama3

手の震えは緊張を表す。必ずしも嘘をついたり、何か誤魔化している時だけではなく、快適な感情によっても手は震えることがある。大切なのは、行動の「変化」を見逃さないことだ。

もちろん、手や足以外にも肩の動き、腹、胸の動きからも心を読むことが出来る。冒頭のアイスピックの例のように、視線の動きからも本心を読み取ることはできる。ただ、専門家であっても、相手が嘘をついているかどうかについて正確に判断できる可能性は50%程度だという。

だから、限られた情報や一回限りの観察に基づいて、誰かをウソつきと決めつけのは危険だ。あなたがもしFBI捜査官や警察官であったなら、決めつけは冤罪を生む原因になりかねない。そしてあなたが捜査官や警察官ではないのなら、人間関係を壊してしまうかもしれない。人の心を読むことは、人との関係を悪くするためではなく、より良くするために使った方が良いだろう。
その方がきっと、あなたの人生はスムーズで豊かになるだろうから。

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

  • 著者:ジョー ナヴァロ (著), マーヴィン カーリンズ
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2012/12/5

モデルプロフィール

kushiyama_profile
  • 名前:櫛山ももえ
  • 生年月日:1995/7/17
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 職業:日本大学
  • 受賞歴:ミスコンテスト日本大学2016ファイナリスト
  • 一言:読書の秋♡たくさん本を読む!
  • 最近の悩み:夜更かしが続いていること!早寝早起したい!
  • Twitter:@miss2016no2nu
  • 毎日美女大学 bijodai.grfft.jp/contest/?id=ku…

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

本to美女選書