大好きな君の頭上に浮かぶのは 日々減っていく「さよならの数」 『僕はまた、きみにさよならの数を見る』 

僕はまた、君にさよならの数を見る

  • 著者:霧友 正規 (著), カスヤ ナガト (イラスト)
  • 出版社:KADOKAWA/富士見書房
  • 発売日:2016/8/10

―あれは、桜の花が美しい、春の1日のことだった。―

春。出逢いと別れ季節。
周囲の環境が大きく変わる時期に
心躍らせている人も少なくないのでは?

本書はそんな桜舞う季節に出逢った
人生の残日数が視える男の子と、他人の感情の色が見える女の子の
純粋な恋心と葛藤の物語です。

出逢いと別れ

kanako_miz4_1

大学入学を機に新しい街へ引っ越してきた佐々木直斗は
気まぐれで訪れた公園で、峯原美羽と出会います。
池のほとりに佇む彼女は瞬時に彼の世界の色を変えるほど
圧倒的な存在感を放っていました。
ガラス細工のように脆く、儚さに裏打ちされた美しさ。

しかし直斗が不意に触れた瞬間
彼女の頭上には「300」の文字が。
それは、峯原美雨に残された「さよならまでの数」でした。

どこか抜けていて、天真爛漫な彼女とは裏腹に
日に日に1ずつ減っていく頭上の数字。
直斗は困惑しながらも
残された彼女との時間を積み重ねていきます。

ところがある日
彼女がデート中に倒れたことにより
密かに抱えていた持病について知ります。

待ち受けていた別れは分かっていたことけれど
突きつけられた現実はあまりに唐突で。

日々深まっていく直斗の純粋無垢な恋心と
着実に減っていく、彼女のさよならの数。
その葛藤の様子が繊細に描かれています。

互いに秘密を抱えつつ、与えられた時間を存分に生きる2人に
多くの人が心を奪われるはず!

透明な心の彼

kanako_miz3_2

峯原美雨は他人の心が色で見える。
それは小さい頃からの当たり前でした。

でも、ある日突然公園に現れた男の子が
彼女の当たり前を壊しました。
普段なら人の頭上に浮かぶ球の色で人の感情が分かるのに…
透明な球体。 心が読めない。
その男の子が 佐々木直斗 でした。

何を考えているか分からないからこそ
彼の考えていることを知りたくて
その能力とは関係なく、少しでも近づきたいと思う。

たとえ、自分に残された時間が
そう長くはないとしても。

本書には、そんな彼女の切な恋心が綴られています。
もし、あなたに好きな人がいて
それがタイムリミットのある恋だとしたら
あなたはどうしますか…?

とにかく読みやすい!

kanako_miz_3

本書は互いに特殊な能力をもつ男女の物語ですが
日常の描写はいたって普通の大学生です。

バイトやサークルにうちこみ、空きコマを食堂で過ごし
時には授業をさぼってみたり…。
その様子や言葉遣いは、まるで現役の大学生が書いたかのように自然なので
本が苦手な人にもオススメです!
同年代の方は特に、とても読みやすいと思います。

硬派で真面目な理系男子と、明るく天然な猫系女子の
不器用な恋模様に
読んでいるこちらがもどかしくなるかも?!

この春、新しいスタートを切るみなさんにも
こんな出逢いが待っているかもしれません。
本書を読んで
そんな期待に胸を膨らませてみては?

僕はまた、君にさよならの数を見る

  • 著者:霧友 正規 (著), カスヤ ナガト (イラスト)
  • 出版社:KADOKAWA/富士見書房
  • 発売日:2016/8/10

モデルプロフィール

kanako_miz1_profirm
  • 名前:水谷花那子
  • 生年月日:1993/9/29
  • 出身地:大阪府
  • 職業:慶應義塾大学
  • 受賞歴:週刊ゴルフダイジェストビューティークイーン2016
  • 趣味・一言:クラシックバレエ・スペイン語・ゴルフ 
  • 最近の悩み:学生生活が終わること
  • Insta:@kanakomizutani
  • 他リンク:https://store.line.me/stickershop/product/1324362
(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

本to美女選書