リーダーの中のリーダーが残した言葉とリーダー論 『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』

arly_top

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

  • 著者:松下 幸之助
  • 出版社:PHP研究所
  • 発売日:2009/3/24

 

松下幸之助(まつしたこうのすけ、1894- 1989年)といえば、かつては知らない人はいなかった大人物ですが、亡くなって30年近くたった今、若い人にはあまり知られていないかもしれません。松下幸之助は松下電器産業(現・パナソニック)の創業者で、政治家の経歴によくみられる「松下政経塾」を作った人。そして、「経営の神様」と呼ばれるほど、日本のビジネスの歴史に大きな足跡を残しています。
本書は、そんな松下幸之助の生前のことばを、松下政経塾のメンバーがまとめた1冊です。

成功するために

arly1

多くの人は、生まれてから大人になる間に、受験や就職活動など、さまざまな壁にぶつかります。なかにはすべてをさほど苦労せずに突破する人もいますが、一生懸命やった割にはうまくいかなかった人、失敗して挫折し、その後も苦労している人なども少なくないでしょう。多くの人は、成功することを願っています。けれども、どうしたら成功に導かれるのでしょうか。

松下幸之助の説く成功の秘訣は「素直な心で衆知を集める」「自修自得で事の本質を究める」「日に新たな生成発展の道を求める」、この3つに集約されます。本当に基本的なことで、これならできるように思えますが、これがなかなか難しいものです。けれども、客観的な目で見たり、よいことを素直に取り入れたりすることは、がんばればできるような気がします。さっそく今日から挑戦してみたいものです。

リーダーになるために

arly2

成功したら、大きな組織の長になることがあるでしょう。「一生現場にいたい」「一生在野にありたい」と願わないかぎり、あなたは島耕作のごとく上り詰めます(島耕作の勤める「初芝」は「松下」がモデルだそうです)。
リーダーになるために知っておきたいことは、以下です。
●素志貫徹
●自主自立
●万事研修
●先駆開拓
●感謝協力
すべて四字熟語になってしまったので、見づらいかもしれませんが、特段難しいことは書かれていません。「素志を貫徹」し、「自主自立」であり、全てを勉強だと思い、だれよりも先に道を開き、協力に感謝する。至極当たり前のことをするべきだと、松下幸之助は言うのです。この中には接客の基本や、掃除の大切さも書かれています。

当たり前のことをすることが、どのくらい難しいことで、しかし当たり前のことをすることによって、どれだけの成長がもたらされるのか。日々、事業のことを難しく、難しく考えているわたしたちがすっかり忘れてしまったことを、「経営の神様」松下幸之助は思い出させてくれます。行き詰まった時、深呼吸しながら開いて初心を取り戻すのに役立てたい。そんな1冊だと感じました。

最後に、巻頭に記された「松下政経塾 塾訓」を引いておきましょう。

素直な心で衆知を集め
自修自得で事の本質を極め
日に新たな生成発展の
道を求めよう

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

  • 著者:松下 幸之助
  • 出版社:PHP研究所
  • 発売日:2009/3/24

モデルプロフィール

arly_profile
  • 名前:Arly
  • 生年月日:1991/4/1
  • 出身地:三重県
  • 職業:モデル
  • 受賞歴:ミス三重大、ミス伊勢志摩
  • 趣味:カラオケ、カメラ、写真、お買い物
  • 最近の悩み:蚊によく喰われる
  • Twitter:@ALICA9141
  • Instagram:arly0401
  • HP:metyion.wix.com/arly
  • Blog:http://s.ameblo.jp/metty0401/

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Myコーデ