ヒット曲に隠れた韻とは? 『声に出して踏みたい韻』

声に出して踏みたい韻

  • 著者:細川 貴英
  • 出版社:オーム社
  • 発売日:2015/6/2

 

Let it go ,let it go Can’t hold it back any more〜
Let it go ,let it go Turn away and slam the door〜

日本語にしたら、

ありの〜ままの〜姿見せるのよ〜ありの〜ままの〜自分にな〜るの

ディズニー映画「アナと雪の女王」のテーマ曲だ。
初めてこの曲を聴いた時、私はふと思ったことがある。

これって日本語も英語も全部、韻になってないか?

goとmore、goとdoor

日本語も
ありの〜ままの〜と、「の」で韻を踏んでいる

耳に残るメロディーには韻が隠されているんじゃ……そう思いました。

この本の著者はこの世にラッパーをしている人は多くいるけど、韻を広めている人はあまりいないと思い、自身で「韻を広める活動をする人」になると決意したそうです。就職活動も韻を使って乗り切ったと。

日本人にはあまり馴染みが深くない韻。
子音中心の英語には、印象に残るスピーチに韻の力が欠かせません。

エジソンの有名な言葉、
「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」は、原文では

Genius is one percent inspiration, ninety-nine percent perspiration.

inspirationとperspirationで韻を踏んでいます。

数ある名言やヒット曲の中に隠れている韻。

韻の持つ魅力はこの本は読み解いていきます。

韻とは?

kawanabe1

Wikipediaでは、韻とは「詩文で、一定の間隔あるいは一定の位置で並べられる同一もしくは類似の響きをもつ語」などと書いてるが、
簡単に言うと、
「韻を踏んでいる」とはいえば、「二つ以上の言葉の母音が一致していること」
と著者は記している。

わかりやすい例で言うと、渋谷と皮膚科である

shibuya hihukaと共通の母音があり、韻を踏んでいると言える。

そこで著者が定義するいい韻とは何か?
① 共通している母音の文字数が多い
② 同じ母音で踏み通す回数が多い
③ 母音のみならず子音も共通になっている
④ 固有名詞など汎用性のない言葉を含んでいる
⑤ 韻を構成する品詞や言葉が多様である

Mr.childrenのヒット曲「しるし」を見ていこう。

ダーリン ダーリン 半信半疑 泣いたり

サビに含まれている言葉のほとんどが韻なのだ。
桜井和寿は韻を踏む天才なのかもしれない。

「ダーリンダーリン」と「カレンダーに」でも韻を踏み外しているが、
子音は一致していたりする。母音が踏み外していても、子音さえあってれば
それっぽく聞こえる。
ミスチルの名曲の中にも、韻の高等テクニックが使われていたんですね。

日本語が韻を踏みづらい理由

kawanabe2

me / sea で韻を踏む時、日本語にすると
わたし / うみ なので、英語でも日本語でも母音一個分踏んでいるわけだが、
ここで注目すべきポイントは、「わたし」という言葉のうち、韻を踏んでいる「し」が含まれる割合は、わずか33パーセント。「うみ」でも50パーセントになる。

一方、英語は「me」も「sea」も、母音がそもそも一個しかないので、韻に使われている母音の要素は100パーセントです。

つまり、日本語と英語を比べたら、同じ母音の韻が含む情報は、英語の方が何倍も多いのです。
これが、英語や中国語の方が韻を踏みやすい発音上の理由だ。

そして、最後に文法上の理由がある。
例えば、「I have a cat」といえば、日本語にすると
「私は猫を飼っている」となるわけだが、
どんな言葉を使っても、日本語の場合、動詞が最後にくる。
しかも、その後に助詞や助動詞が付いてくる場合もある。

日本語の動詞の場合、最後が「う」で終わるのが圧倒的に多く、韻を踏もうにも踏めないのだ。

圧倒的に韻を踏むのに不利な日本語。しかし、著者は日本語でも韻を踏むコツさえつかめば、人々の印象に残る韻を踏むことができると考えている。
ミスチルの歌手などもその例だ。

日本語には難しい韻。
韻というものを深く理解したいという人がいたら是非、手に取ってもらいたい本だ。

こんなお悩みを解決!

  • 音楽をきちんと理解したい
    →韻を踏むと人の印象に残りやすい言葉になる。
    韻を深く理解することは、音楽を深く理解することにつながる

声に出して踏みたい韻

  • 著者:細川 貴英
  • 出版社:オーム社
  • 発売日:2015/6/2

モデルプロフィール

kawanabe_profile
  • 名前:川奈部舞
  • 生年月日:1996/7/18
  • 出身地:埼玉県
  • 職業:埼玉大学
  • 受賞歴:Saidai Collection 2016
  • 趣味:読書
  • 最近の悩み:時間が足りない!!
  • Twitter:@mmmai3024
  • Instagram:@mai_kwnb

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

本to美女選書