朝起きたら怪物に…『変身』

変身

  • 著者:フランツ・カフカ
  • 出版社:新潮文庫
  • 発売日:1952/7/28

 

今週からの7冊は「記憶に残る海外文学」と題打ち、名作の世界文学を紹介していこうと思う。
“記憶に残る”ということで、真っ先に紹介したいのがカフカの『変身』だ。
この作家はなんというか、絶望と友達というか。冒頭からカフカの絶望節がアクセル全開なのである。

朝起きたら怪物に

miki_nakamura3_1

主人公の名はグレゴール・ザムザ。普通のサラリーマンだった。そう、“だった”のだ。
ある朝、ザムザが起きたら自分の体が大きな虫のような怪物になっていた。この超展開な冒頭から『変身』は始まる。簡潔に文章にしてみるとかなり滑稽だが、当の本人は笑いどころではない。

今までの人間の体と違い、虫としての身動きが慣れないザムザ。
体も重たく、声もうまく発せない。虫になったザムザは自分の体の心配の次に、殊勝だが会社に行かなければ!と心配を始める。

「こんな姿で会社に行けるのか」
「いやでも行きたくない。虫の姿だから休めるのでは?」

いや、そんなことより自分虫やで!と近くに関西人がいたら突っ込んでいたに違いない。
これから虫として生きていかなくてはいけない未来よりも、目先の都合を気にしてしまいがちなのは人間の性なのかもしれない。

家族が大仰天

miki_nakamura_2

どうしよう、どうしようと小さく悩むザムザだが、それ以上に家族の反応が凄まじい。
いや当たり前か。私なら、兄弟の部屋を開けて巨大な虫がいたら「オーマイガー」と泡を吹いて倒れてしまう。

妹、母、父と次々に変わり果てたザムザの姿を見る家族たち。
反応はそれぞれ異なる。
驚愕度:父>母>妹といったところか。父の態度が一番厳しく、文字のまんま虫を見るような目でザムザに接する。対して、気味悪がっているものの妹はザムザにある程度の世話を焼く。

家族が実際に虫になったら、自分はどんな対応ができるのか問われている気がする描写だ。一様にグレゴール家の反応が一緒じゃない書き方に好感が持てる。

虫になったその先は…

miki_nakamura1_3

ザムザの意思とは関係なく、虫として体が徐々に慣れていく。
最初は床も満足に歩けなかったザムザだが、次第に天井や壁も走り回れるまでに進化・適応していく。食べ物の嗜好も変わり、新鮮な野菜よりも腐ったチーズの方が好みになる。

人間時代のザムザから、どんどん時間が経つにつれ怪物ザムザになっていく描写はとても胸が痛い。しかし、カフカはザムザの虫になる恐怖心を細かく書いたりはしない。
あくまでも、家族など第三者を使って非現実的な事態を描写している。汚物に対する人間の醜さを全て知っているかのようだ。

物語の終盤、ザムザはなんと父からリンゴを投げつけられ、その一撃で死んでしまう。
恐ろしい外見に反し、いとも簡単に息絶えてしまうのだ。そして、『変身』の一番不可解なところだが、ザムザが死んでしまってから父・母・妹の3人はとても晴れやかな気分で「よし、これから頑張っていこう」と前向きになる。「妹の婿でも探さなければな」と、父も張り切る始末だ。

ザムザがサラリーマンとして働いていた頃、家族は彼の収入に頼っていたがザムザの死後、各々が働こうと息巻く。ここに大きな教訓が隠れている気がしないでもない。ザムザが死んだことによって、グレゴール家がよい状態になっていくのだ。

一人の害が消えると、周囲が明るくなるのか。いや、それ以上にカフカの葛藤が表現されているのか。
記憶から消えない文学『変身』は、いつまでも私を苦しめる作品だ。

変身

  • 著者:フランツ・カフカ
  • 出版社:新潮文庫
  • 発売日:1952/7/28

 

モデルプロフィール

miki_nakamura2_profirm
  • 名前:中村美紀
  • 生年月日:1998.1.25
  • 出身地:長野
  • 職業:学生
  • 趣味・一言:買い物
  • 最近の悩み:満腹になるまで食べないと気が済まないこと
  • Insta:@chackle_bear

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Myコーデ

WRITERこの記事を書いた人

小幡 道啓

累計2億円以上の借金王の元に生まれ、怒号と罵声が飛び交う家庭で育ったアウトローだが、底ぬけにポジティブ。飲み会でも「父親が行方不明です」と不謹慎なネタを言ってはスベっている。Amazon Kindle販売員時代には年間NO.1売上を達成。現在は、「逆境でのユーモア」をモットーに本to美女編集部編集長。