仕事がいつも終わらないと思っているあなたに捧ぐ『イシューからはじめよ』

このコーナーでは、本to美女の代表が、普段読んでいる本の中で、おすすめの本を紹介します。本日、ご紹介するのが、『イシューからはじめよ』です。

 コンサルのバイブルとして、コンサルに関わった人には有名ですが、知的生産に関わるすべての人にオススメの一冊です。

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

  • 著者:安宅和人
  • 出版社:英治出版
  • 発売日:2010/11/24

 

タイトルにあるように、「イシュー(=解決すべき・解くべき課題)」からはじめることがいかに重要か、どのようにすればイシューからはじめられるかが、脳科学者であり、戦略コンサルマッキンゼー出身で、現ヤフーの安宅和人氏によって解説されています。

 最近改めて本書を読み直して、本書の最後のコラムが一番今の自分に刺さったので、引用します。

 「コンプリート・スタッフ・ワーク」

これは「自分がスタッフとして受けた仕事を完遂せよ。いかなるときにも」という意味だ。(中略)

すべての仕事は結果がすべてである、この結果があるレベルの価値に到達しないと、その仕事はいかなる価値ももたず、多くの場合マイナスになる。この厳しさを骨の髄まで叩き込んでくれたという意味で、マッキンゼーには本当に感謝している。

「コンプリートワーク」をするためには命を削るような思いをするだろうが、命を削ることそれ自体には何の意味もない。その酷薄なまでの事実が、僕らを時間から解放し、本当の意味で自由にしてくれる。

 

スタートアップも結果が全て。そのことを忘れずに、結果に拘り、改めてイシューからはじめたいと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします