【本と珈琲、「私」が広がる空間】「駅チカ」ブックカフェ特集

 
【POINT】
  • 本と珈琲って、素敵じゃない?
  • ブックカフェが、「わたしの世界」を広げる
  • オススメの「首都圏 駅チカ」ブックカフェ(随時追加)
 

本と珈琲

 
早朝。カフェで、まどろんでいると、斜め向かいの席に、親子らしき2人組がすわりました。50代の女性と90代くらいのおばあさん。
 
 
「いい香りだね」
 
女性は、コーヒに顔を近づけ、手で湯気を扇ぎます。
 
 
おばあさんが微笑みました。
 
「だって。私はこのために生きてるのよ」
 
 
わあ、いいな。

おばあさんが、長い人生の中で見つけた幸せ。彼女の言葉が、心に沁みました。

 
 
そうね、と、女性も微笑み、カバンから本を取り出します。
 
「この本、お母さんにビッタリだと思って」
 
本は、佐藤愛子さんの『90歳、何がめでたい』でした。ナイスな選書。
 
おばあちゃんは本をパラパラめくり
 
「まあ、私もこの本と同じだねえ……!誰が書いた本?」
 
と、興奮した様子。20分ほど本の話が続きます。珈琲を飲みきると、腕を組んでで帰っていきました。
 
 
この親子は、
朝に、近所を散歩をして、
この喫茶店でモーニングを楽しむのが日課なのでしょうか。
 
 
何気ない日常をのぞいて、ほっこりした心地になると同時に、
 
この温かな風景を演出した「本と珈琲」ってなんかいいなと思いました。
 
 
1人で妄想していると、自然と今夜の予定が決まっていました。
 
ーーブックカフェにいこう。
 

オススメの「首都圏 駅チカ」ブックカフェ

 
最近の趣味は、ブックカフェめぐり。

次の予定までの空き時間、集中して作業をしたい時。

「首都圏の駅チカ」ブックカフェはオススメの空間です。
 
端的に言うと、ブックカフェに行くと、QOD(「クオリティ・オブ・デイ」と私が勝手に呼んでいる)が高まります。
 
 
普段の自分なら買わないような新しいジャンルの本。
 
それを手に取り、面白いと感じた時、わたしの世界は確実に広がっている
 
 
「なんとなく気になるな」と思ったら、とりあえず読んでみればいい。
 
「自分の世界を広げる」きっかけを提供してくれる空間、それがブックカフェです。
 
 
私がこれまで行ったお店を、エリアごとにピックアップしました…!
 

【東京】

★MARUNOUCHIREADINGSTYLE(丸の内リーディングスタイル)

スコーン、ドリンクセット

→KITTE4階。店内にコーヒーとスイーツの甘い香りが漂う。ドリンクの料金は高め。スコーンは自然な甘さで美味しかった。店内が可愛い。本も雑貨も充実している。
 
 
★HINT INDEX BOOK(ヒント インデックス ブック)
→東京駅の改札内(丸の内南口周辺)にあります。モーニングに行くのがお得。
 

朝カレーセット(600円)。

 

【有楽町】

★スターバックスコーヒー TSUTAYA 有楽町マルイ店

https://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=2018

→マルイ8階。座席が多いですが混んでます。息抜きに本を読みながらタスクをこなしたい。そんな日にオススメ。
 

【新橋】

★スターバックスコーヒー TSUTAYA 新橋店

http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=2057

→JR新橋駅・烏森口から徒歩約3分程。座席数は少なめでこじんまりしている。電源ブースも3席あり。

 

【上野】

★ROUTE BOOKS
 
 
→本to美女の読書会イベントでも御世話になりました。階段を上がり、扉を開けると、別世界。こだわり抜いた植物とインテリアに、本が溶け込んでいる。オーナーさんのこだわりを感じます。移転再開したようです。
 
 

【秋葉原】

★STORY CAFE(有隣堂 ヨドバシAKIBA店)
 
 
 
→ヨドバシカメラの10階。同階にある有隣堂の本を3冊まで持ち込み可。ワイファイや電源もあります。
 

 【渋谷】

★渋谷シティラウンジ (Shibuya City Lounge @SHIBUYA LOFT)
 
→渋谷センター街のロフト2階。趣味をテーマにした雑誌や書籍が約500冊。ランチプレートが美味しい。友人とお茶するのにも最適。
 
 
★萩原珈琲(マルゼン&ジュンク堂書店内)  
→東急百貨店7階。購入済みの本のみ読めます。「今、どうしても本が読みたいんだ」という読書家が1人で楽しむ感じ。
 
 
★WIRED TOKYO 1999 
→ハチ公口スクランブル交差点の目の前の「QFRONT」ビル7F。ゆったりとした空間。フォトジェニックです。クリームブリュレが忘れられない。
 
 

【新宿】

★STORY STORY 
 
 
→小田急百貨店本館10F。有隣堂併設カフェです。土日は混んでいます。Wi-Fi有り。
 
 

季節限定の苺ソースのアイスビスケットサンド。

 
 

【池袋】

★天狼院書店(東京天狼院)
→ブックカフェという枠にははまらないかもしれない。マーケティングや小説などのゼミが大人気。書店の可能性に、ワクワク。昨年、天明麻衣子さんのイベントで取材させていただきました(記事リンク)。
 

 ★森の図書室

http://morinotosyoshitsu.com

→渋谷駅から徒歩7分。本to美女の撮影でもお世話になりました。落ち着いた空間。深夜まで本が読めるオトナなお店。座席料があるので、会員になるとお得。

 

【六本木】

★スターバックスコーヒー TSUTAYA TOKYO ROPPONGI店
→アート、ビジネス書、児童書が中心。1階は混んでいるが、2階は穴場。
 
 

【二子玉川】

★スターバックスコーヒー 二子玉川蔦屋家電店
→これ以上に素敵なツタバには出会えていない。にこたま住みの友人にジェラシーを感じました。
 
 

ただ、いつでも、そこに居てくれる存在

 
名乗り遅れました。編集部のゆかわうららです。
猫と写真と、本が好きな女子大生です。
 
2017年5月から、『本to美女』編集長を務めさせていただくことになりました。
 
「読んでくれた方の人生を、少しでも、明るく、豊かに」。
そんな思いで、1年間、お手伝いします。よろしくお願いします。
 
ーー新しい世界、心揺さぶる言葉、自分らしい生き方。
 
なんでも教えてくれる本という存在は、
 
私たちの知らないところで生まれ続け、
あなたのことを待っているわけでもなく、
 
 
ただ、いつでも、そこにある。
 
本とわたしたちの関係性は、ぼんやりとしたものかもしれない。
ですが、
もし、あなたが必要とすれば、必ずあなたのものになります。
 
読みきった後も、知識としてあなたの人生に一生寄り添ってくれます。
 
本は、人生を豊かにします。
 
 
あなたが、今日も素敵な本に、出会えますように。
 
 

九十歳。何がめでたい

  • 著者:佐藤愛子
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2016/8/1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

本to美女選書

WRITERこの記事を書いた人

湯川 うらら

本to美女編集長 湯川うらら 麗らかな春の日に生まれました。「一瞬一瞬を全力で」がモットーの、本to美女編集長/インタビュアー/キャトグラファー。著者の半生から学び、登場人物の人生を味わい尽くす……「本」は、人類と共に時代を紡いできました。週1回はブックカフェに通い、気になる本を味見するのが楽しみ。実用書から漫画まで、守備範囲は幅広い。色々な人の話を聞いて、人生を豊かにしたい、誰かを幸せにしたい。 猫の島へ単独潜入するほど、生粋の猫好きで、SNSはネコ写真でいっぱい。一年中もふもふしていたい。