CATEGORY 書評

『スプーンと元素周期表』小さな原子の大きな物語

化学の羅針盤 〜周期表〜 水兵リーベー僕の船七曲りシップスクラークかスコッチ暴露マン徹子にどう会えんが‥ わずかな違いはあれど、化学の時間に周期表を暗記する方法の一つとして上記の呪文を聞いたことのある人は多いはずだ。 そ…

『捕食者なき世界』仮初めの平穏と忍び寄る影

動物園の虎 「うさぎさんかわいいね」 動物園のふれあいコーナーで母に声をかけられた僕は、腕の中の真っ白な彼女の赤い目を覗き込みながら小さく頷いた。道徳の授業で命の大切さなるものを教えられた後だったので、この温もりがそうな…

『狂気の科学』 純粋すぎる知的好奇心と奇妙な実験たち

埋もれてしまった科学の遺跡 氷山の一角、という言葉は皆さんご存知だろう。目に見える部分は全体の一部に過ぎないという意味で使われる言葉だ。そしてこの言葉は日々の生活を支えている科学技術にこそふさわしいと僕は思う。 コンピュ…

『選択の科学』あなたの人生の分かれ道

 一体何が違うのかわからなくても… 「ねえ、どれが似合うかな」 様々な色合いのワンピースが並ぶ前で彼女は嬉しそうに僕に尋ねた。いくつかのものはデザインの違いや色の違いを見分けることが出来たが、中には全く同じデザインにしか…

「重すぎる現実から」未来を見据える本特集

「重すぎる現実から」どうやって、未来を見据えるべきでしょうか。 現実は惨い。戦争や震災、そんな大きなことでなくても、目を背けたくなるような現実が存在します。 今回は、そんな「重すぎる現実」に対峙したときに、どのように未来…

『ワークシフト』に学ぶ、未来の見据え方とつかみ方

本連載では、様々な視点から「未来を見据える」ことについて考えてきた。 これまでがある定点から未来を見据えることについて論じてきたのだとしたら、本書は俯瞰的な視点から大きく未来を捉える一冊になっている。 起こり得る様々な未…