CATEGORY 学び

私たちって何なんだ。どこにいるんだ。思考を巡らす楽しさを味わってみない?『到来する共同体』

この本を勧めてもらったのは、五か月前、教育哲学を専攻する先輩から。その先輩もアガンベンについて記事を書いているので、ほんの触りの部分だけを、先輩をはじめとする哲学を本格的に研究されている皆さんに怒られないように紹介してい…

順応するか、抗うか。抉り出すように紡ぎだされた言葉『洗礼ダイアリー』

深夜まで続くアルバイトの帰り道、このエッセイを読むのが密かな楽しみだった。『洗礼ダイアリー』。かつてポプラ文庫のWeb astaで2週に1度新しい記事が更新されていた。  ところで、スマートフォンに慣れている人は長い文章…

数学が苦手でもわかる「人生を有利に進める方法」『複雑で単純な世界: 不確実なできごとを複雑系で予測する』

こんなことを思ったことがないだろうか。 「もしも株式市場の未来の動きを予測することができれば株を始めるのに。」「もしも街中の車がこれからどう動くのかを把握することができたら渋滞に捕まらないのに。」 ニールジョンソンが著し…

平塚らいてうが『青鞜』を通じて呼びかけた女性の自由

十八世紀、ロンドンの女性作家たちが「青い靴下」を履いていた。その時期は男女差別が根強く残っており、差別的な男性たちは彼女らのことを「ブルーストッキング」と呼んでいたそうだ。 ―それから2世紀経過した1911年。ブルースト…

大学生の皆さん。社会に出るのが怖いですよね。分かります。僕もです。『待っていても、はじまらない。』

大学在学中、ベンチャー企業でアルバイトをしていた時のこと。昼下がり、大きなプロジェクトのマネージャーを務めている先輩が私に「明日の朝までにユーザーへの聞き取り調査の資料をパワーポイントにまとめてくれ。」と膨大な議事録を押…

【AIとの共生】私たちは、人口知能とどう暮らしていくのか『AIと人類は共存できるか?』

未来の私たちはどんな生活を送る可能性があるのか。 科学者が予想不可能、という未来。それをこの本は小説という形で垣間見せてくれる。ネタバレしない程度に、少しだけ内容を見てみよう。 AIと人類は共存できるか? 著者:人工知能…

【AIとの共生】避けられない変化『〈インターネット〉の次に来るもの』

変化の時代は、チャンスの時代でもある いまの私たちは、30年前の私たちが想像できなかったような生活を送っている。ポケットに入った小さな機械は、ミュージックプレーヤーであり、辞書であり、本であり、ちょっとした仕事なら対応で…

【AIとの共生】進化した人口知能(AI)は、私たちを支配するのだろうか『人工知能は敵か味方か』

パートナー、主人または奴隷。人間と機械の関係を決める転換点 「漢字が書けなくなった」ということを気にする人は、今ではほとんどいなくなったように思う。文章はワープロソフトやスマホで書くのが当然になり、手書きで漢字を書く機会…