CATEGORY 書評

「愛する技術」身につけてきましたか?『嫌われる勇気』著者の恋愛論『愛とためらいの哲学』

「恋愛」って、ムズかしいですよね。好きな人と一緒に幸せになりたいだけなのに、嫉妬してしまったり、喧嘩してしまったり、浮気されてしまったり……。恋愛でツライ思いばかりしているという人も、少なくないのではないでしょうか。 そ…

あなたにとってのバイブルは?『イリュージョン』

 「あなたにとって、バイブルのような一冊は?」と言われたら、どんな本を選びますか?私の場合は、『イリュージョン』がまさにその一冊。  物語は、ジプシー飛行士のリチャードが、救世主を名乗る不思議な魅力を持つ男・ドンと出会う…

あなたの隣にいる人ってどんな人?人間関係の多様性について、本を通してもう一度考えてみよう

あなたの周りにいる人たち一人ひとりと、あなたの関係性を訊ねられたら、なんと答えるだろうか? 良くも悪くもあなたが構築している人間関係は、あなたの人生に影響を与えるもの。読書を通して一度見直してみることで、見えてくるものが…

「もっと頭が良かったらなあ」と思ったことはありますか? ビリギャル著者の最新刊『世界に一つだけの勉強法』で今度こそ勉強がうまくいく!

思わずギクリとするようなこの質問。これからご紹介する本の、冒頭の一文です。 「もっと頭が良かったらなあ」と思ったこと?――もちろん、あります。きっとない人の方が少ないのではないでしょうか。 しかし、同時にこんな思いも抱え…

「27歳、貯金ほぼゼロ」からでも、みるみるお金が貯まる!『お金の常識を知らないまま社会人になってしまった人へ』

突然ですがみなさん、「お金の不安」ってどれくらいありますか?「お金のこと、そろそろ真剣に考えないと……」「大切なのはわかっているけど、何から始めていいのかわからない……」そんな方も多いのではないでしょうか。 そんな人にオ…

ペットと過ごすささやかな幸福の日々。「小雨日記」

動物と暮らす人たちにとって、彼らの存在はペットというより家族という言葉の方がふさわしいように感じる。だから、テーマは「“人間関係”の多様性」だけど、これも立派な関係性だ。 『小雨日記』は、小泉今日子さんが愛猫であった小雨…

もう少し自由に生きたい女子に送る『無所属女子の外交術』

キラキラ系、ゆるふわ系、こじらせ系、山ガール、肉食系など、挙げていったらキリがないほど、女性をカテゴライズする言葉が溢れる時代がかつてあっただろうか。こうしてカテゴライズされることによって、便利になることは多々あるだろう…

隣の芝生はいつもでたっても青いまま?ライバルとの関係を考える『永遠の途中』

あなたには今、ライバルと言える人がいるだろうか? 辞書によると、ライバルとは「好敵手」もしくは「宿敵」のことを指すようだ。そこまで仰々しくなくとも、「この人にだけは負けたくない」と思ったり、何かの機会に意識してしまう人。…