本to美女編集部

代表

有吉洋平

有吉 洋平

福岡県出身 1990年生まれ
修猷館高等学校、東京大学工学部卒業

2013年、大学在学中にホテルライフ株式会社を共同創業し、初代代表取締役に就任。
2014年、東京大学工学部システム創成学科卒業、同年システム創成学科長賞を受賞。
大学卒業とともに、ホテルライフ株式会社を退社し、欧州系戦略コンサルティングファームの株式会社ローランド・ベルガーに入社。
製造業や商社、ファンドなどの業界を中心に、戦略立案からオペレーション改善まで、幅広いコンサルティング業務に従事。
2015年、本to美女を運営する株式会社SENSATIONを創業、代表取締役に就任。
執筆記事はこちら

編集

編集長 湯川 うらら

麗らかな春の日に生まれました。「一瞬一瞬を全力で」がモットーの、本to美女編集長/インタビュアー/キャトグラファー。著者の半生から学び、登場人物の人生を味わい尽くす……「本」は、人類と共に時代を紡いできました。週1回はブックカフェに通い、気になる本を味見するのが楽しみ。実用書から漫画まで、守備範囲は幅広い。色々な人の話を聞いて、人生を豊かにしたい、誰かを幸せにしたい。 猫の島へ単独潜入するほど、生粋の猫好きで、SNSはネコ写真でいっぱい。一年中もふもふしていたい。
執筆記事はこちら

広報/カメラマン 伊藤 広将

100時間連続稼働を可能にする強靭な肉体と、冒険を思い立った翌日には異国の地を踏む行動力が武器の野心家。 アメリカをはじめパプアニューギニアにも飛び出す自由奔放な一族に生まれ、今では年長者として12人の従兄弟の先頭を切って爆走中。

監修 小幡 道啓

累計2億円以上の借金王の元に生まれ、怒号と罵声が飛び交う家庭で育ったアウトローだが、底ぬけにポジティブ。飲み会でも「父親が行方不明です」と不謹慎なネタを言ってはスベっている。Amazon Kindle販売員時代には年間NO.1売上を達成。現在は、「逆境でのユーモア」をモットーに出版社で勤務しながら本to美女監修を務める。
執筆記事はこちら

 

広報 天野 真夢

都内の大学に通う4年生。現在バイトを3個掛け持ちしているハードバイター。 お金を貯めて海外旅行に行くのが目標。でも貯まった試しがない。今年こそはと奮闘中。 広報としてまだまだ未熟者ですが皆さんに沢山の情報をお伝えできるように頑張ります!
出演記事はこちら

Keisuke_Yokosuka

カメラマン/ライター 横須賀 馨介

広義の意味でこれからの新しい「編集者」を目指している。広告制作、WEBディレクション、イベントプロデュース、キュレーション、カメラマンなどを行う。また「商人」「表現者」になるために現在修行中。
執筆記事はこちら

rimi_sakamoto

カメラマン Rimi Sakamoto

高校2年生の夏、父から譲り受けたフィルムカメラで写真を撮り始める。大学入学後は学生生活の大半を海外で過ごし、カメラひとつを持ち歩いて世界各地で写真を撮り続ける。日本で就活はせず、2017年4月大学卒業後はアメリカに移住予定。死ぬまで撮り続けたい!
個人サイト

カメラマン 村井 優一郎

見た目は30代、実年齢は20歳の大学生3年生。映画と音楽が体の90%になってるサブカルモンスター。好きな街は下北沢って言いたいんだけど、いかんせん今住んでるところから1時間弱くらいかかるのであまり行けていない。

ライター

Niwano

庭野蹴

同級生に同級生と見られない老け顔(両親譲り)眼鏡(父親譲り)の男性。お母さん方の井戸端会議によく顔を出しつつ、平和な青春時代を過ごす。 血のにじむような努力(とカロリー過多な食事)の末、早稲田大学に入学。授業に来なくなる友人を尻目にいそいそ学問に励む。結果、ちゃっかり論文で入賞したことも。また、(若さゆえ)関係各所に噛みつきながらフリーペーパーの制作もしていた。現在は社会人。
執筆記事はこちら

Shoko_Hara

原 翔子

「いつか年齢確認をされてみたい」と願って、もう何年経ってしまったことでしょう…。ラルクとゴマちゃんをこよなく愛する自由人。髪の毛を染めたことがないけれど、hydeさんが黒髪でいる限りは別にいいかな。とか言いつつ、いざまた金髪にされても困る。…そんなどうでもいいことを考えながら気ままに生きています。
執筆記事はこちら

Onizuka

中央大学法律学科卒業。法律関係の仕事をしています。本でも占いでも法律でも、手段は何でもいいと思う。その人が悩みを解決して、楽しく毎日と向き合えるなら。幼少時より、友人や教師、たまたま居酒屋で居合わせた見知らぬサラリーマンなどからやたらと悩みを相談され、解決し続けてきました。占い師、モデル、通訳、司法試験受験生など多様な経験を活かし、作家を目指して修行中。2017年、9:00-17:30のサラリーマン生活の傍ら、追い詰められて2週間で書き直した15万字の原稿が、第63回江戸川乱歩賞の予選を通過。
執筆記事はこちら

そらい なおみ

フリーライター、作家として活動中です。言葉に魅了され、まだ見ぬ世界を隠し持つ本が大好きです。ジャンル問わず素敵な本を紹介していきたいです。2017年10月には原宿デザインフェスタギャラリーにて第2回個展を開催します。
執筆記事はこちら

智子

読んだり書いたりしながら暮らしてきました。大学院で学んだあと働きはじめ、現在はIT系サイトのコンテンツ編集に携わるかたわら、ライター業をしています。特に歴史や文学が好きです。まだまだ知られていない世界や、学ぶ楽しさをお伝えします。
執筆記事はこちら

Tomoya

東京生まれ。中学は慶應義塾、高校はインターナショナルスクール。現在は、関西学院大学に通う。本と美女が大好きで、本は一年に300冊は読む。美女は好きだが、あまり近寄れない。
執筆記事はこちら

杉山 智穂

『鬼平犯科帳』が好きな父親と『二十四の瞳』が好きな母親の間に産まれ、山に囲まれた田舎でのびのび育った女子大生。家族と和菓子と『ハリー・ポッター』が大好きで、来世くらいで魔法が使えたらいいなと思っている。笑う門には福来る、早起きは三文の徳、このふたつのことわざを信じて、にこにこ早起きをしている。

川奈部 舞

川奈部 舞 “食”をこよなく愛する、好奇心の塊。 クラシックバレエを11年習い、中2で解剖ゼミに入り、親善大使としてイタリアに行く等、経験値は謎が深い。 趣味はスイーツ巡り。 「本to美女」ではモデルとライターを務める。
執筆記事はこちら

kasmi

寝て食べて本を読んで生きていたいです。ビールをこよなく愛する女子大生。特技は飲食バイトで培った愛想笑いです。将来に備えて「東京タラレバ娘。」を人生の教訓にしています。。
執筆記事はこちら

タバオ

大学受験に失敗し、1年浪人するも不合格。コンビニ、土方、ヒーローショウ、環境調査隊、家電量販店のアルバイトを経験するが、やがてはニートにまで落ちる。だが、失うものがないからこそ、開き直れる! 高卒だっていいじゃない。ニートだったからって何なのさ! よく読むのは、歴史小説と漫画。好きな歴史小説『播磨灘物語』、漫画『NHKにようこそ!』。
執筆記事はこちら

Sota_Numaho

沼保 壮太

本屋さんと図書館は心のセーブポイント。あてもなくふらっと寄るのが好きです。
幼い頃から宇宙が心の真ん中にあり、現在は地球外生命を探す冒険の準備をしています。
執筆記事はこちら

kikuchan

kikuchan

6月9日(ロックな日)生まれ。 映像制作会社勤務。TSUTAYAから年賀状が届くほどの映画マニア。年間350本の映画鑑賞。 「映画ばかり見てないで、勉強しなさい」と言われて育つ。 学生時代は映画の新人賞受賞。文学だけでなく、あらゆる本を読むようにしてます。 好きな本:『竜馬がゆく』『スティーブ・ジョブズ』 趣味:座禅
執筆記事はこちら

Aika_Ishibashi

石橋 愛加

5人兄弟の末っ子に生まれ、親兄弟にべたべたに甘やかされて育った生粋のゆとりGirl。「恋がしたい!」が口グセなくせにいつも女友だちとつるんでいるので、浮いた話はない。仕方なく少女マンガや恋愛小説で自家発電して、なんとか今日を生きている。好きなマンガは『シュガーズ』いつかあんな恋ができると信じている。
執筆記事はこちら

Yuiri_Kojima

小島 佑依里

「歩く雑誌」を目指し中。インタビュー・留学・ボランティア等を通して、老若男女・国籍・障がいの有無関係なく、専業主婦から著名人まで様々な背景をもつ人々と交流してきた経験から、人の価値観・個性は違いどれもが素敵であると実感。“自分も相手も大切に”を軸に、気づきを促す記事を書いたり、人の魅力を文字、アート、五感で表現するセッションも行う。芸術鑑賞と美味しいものが好き。合言葉は「そんなのもありなんだ」!
執筆記事はこちら

Hitome

一女

読者の皆様、こんにちは。一女(ひとめ)と申します。東京大学大学院で脳神経科学の研究をしています。 座右の銘は「不易流行」、意識的に新しい知識や考え方に触れるために、主にエッセイを愛読しており、「本to美女」を通して皆様に何かの”キッカケ”を与えられればと思っています。宜しくお願い致します。
執筆記事はこちら

Yumachan

ゆまちゃん

早稲田大学政経学部卒。アラブ人にOil & Gas関係の機械を売るお仕事をしています。 修羅の国、福岡から来ました。 田舎から来たためか、お洒落な街とかお店とかが好きです。(ミーハー) あとは明治~戦前の歴史と、幸せな家庭をつくるのを妄想するのが好きです。
執筆記事はこちら

Yamashita

山下 未帆

小学生5年生の時に、家族と1年間オーストラリアでバックパッカーをして放浪の旅をして過ごす。父の仕事は報道関係で、取材中ソマリアの海賊に銃で撃たれた話などを聞いて、自分も普通のOLでは満足できず記者を目指す。好きな本と漫画は『トッカン特別国税徴収官』、『闇金ウシジマくん』。資格集めが趣味で、化粧品検定1級、アイスマニア検定などを保持するも役に立たないものが多い。
執筆記事はこちら

Kaori_Takano

高野 かおり

女子校10年目の大学4年生。ツボが浅く、笑いを堪えることができない。特技はiPhoneの早打ちと独唱と親父ギャグ。iPhoneの早打ちに関して、LINEを迅速に返すのでキモがられることも多々あり。好きな漫画『電撃デイジー』は私の人生におけるバイブル。
執筆記事はこちら

土田 遥香

物心ついたときから家に少年ジャンプがある環境で育ち、見事オタクになる。一日一冊はマンガを読まないと生きていけない体になってしまった。オススメ本・マンガは「魔王(伊坂幸太郎)」「X(CLAMP)」。好きなことは実家で飼いだした犬とのビデオ通話と全国各地の美味しいもの食べ歩き。インドアもアウトドアも任せてください。
執筆記事はこちら

森井 悠太

1990年生まれ。慶應卒。一浪、一留、一休学と余すことなく学生生活を送る。芸能事務所のスカウトマンを経験。渋谷でNo.1スカウトマンになれた経験を書き、第10回出版甲子園で準グランプリを受賞。モラトリアム症候群で、某大手IT企業の内定を入社ギリギリで辞退。結果、ニートとなる。その後、銀座で会員制のバーテンダーを経て、「本to美女」ライター。 キャッチコピーはアクティブなヒキコモリ。生粋のHONZ被害者でもある。
執筆記事はこちら

sakurai katsuhiro

中・高・大すべて国内最高峰の学校に進むいわゆる「王道」コースを歩んできたものの、一転大学を休学、起業して良くも悪くも人生のレールを踏み外す。そこからまた大学に戻り、そんなこんなで在籍7年目。最近の悩みはかつての後輩が先輩になってしまい距離感がつかめないこと。好きな本のジャンルは、小さな頃から一貫して歴史小説。
執筆記事はこちら

渕田 悠子

アッパー系な会社に勤めながらもインドア派を貫く社会人3年目。本の虫だった母の影響で、幼少期からの趣味は読書。読むのはもっぱら小説と漫画で、今のお気に入りは大好きな後輩におすすめされた、よしながふみ先生の『フラワー・オブ・ライフ』と、会社の先輩におすすめされた原泰久先生の『キングダム』。二作とも、私の心を震わせまくった作品です。 皆さんに、心が震える最高な本との出会いを提供できればと思ってます。
執筆記事はこちら

綾本 ゆかり

フリーライター。早稲田大学在学中はファッション誌のライターをしつつ、学生団体でフリーペーパーを制作。社会人になってからはWebゲームを作っていましたが、うっかり辞めてライターに。音楽とフェスが好き。読書は1日1冊(目標)。好きな作家は金原ひとみ。
執筆記事はこちら

神谷 京香

子どもの頃は200文字の作文にも苦労していたが、小学5年生の時にCLAMPさんの漫画に出会い、唐突に覚醒。いきなり2000文字以上の大作を書きあげるようになる。幼少時は童話で文字を、小学生の時は漫画で漢字と歴史を学び、高校生になる頃には弁当箱サイズのミステリ小説を読みあさるように。現在はジャンルを問わず活字なら何でも読む節操なし。趣味は寺社仏閣/滝めぐり、猫、夜散歩、声楽、一人カラオケ、日本酒とワイン。

And more…